ノリと直感と勢いで住まい探し 空室対策の専門家

SRC造?CFT造って何?建物構造の違いについて説明

  • HOME »
  • SRC造?CFT造って何?建物構造の違いについて説明

建物の構造について説明させて頂きます。軽量鉄骨造だから耐震性は低いだとか、木造は倒壊するとか専門家によって意見が様々ありますが、技術は日々進化しているので、一概にこれが正しいと述べるのは難しいですがお部屋探しの際に参考にして頂ければなと思います。

木造

柱や梁(はり)など建物の主要構造部が木材で作られている建物。柱と梁、その他の横架材を組み合わせて筋交い(斜材)で補強する伝統的な「従来工法」のほか、厚さ2インチ×幅4インチの木材を主として使用する「2×4(ツーバイフォー)工法」などがあります。 それぞれにメリット・デメリットがあり、「従来工法」は設計や増改築の自由度が高い反面、木材を建築現場で加工するため、ある程度高い職人の技術レベルが必要になります。 一方、「2×4工法」は床版と耐力壁によって箱のように面で家全体を支える構造で、耐震性・気密性・遮音性などにすぐれ、現場での工期が短縮されるなどのメリットを持っていますが、 強度の関係で開口部を大きくしたり、大きなスパンの間取りが難しいという側面も持っています。

軽量鉄骨造

軽量鉄骨造とは鉄骨造(S造)の一種です。軽量鉄骨造も柔らかい、という特徴を持っています。現在、積水ハウス、ダイワハウス等の住宅メーカーのアパートとして軽量鉄骨造は多く採用されていますが、耐震性は定かではありません。ですがミサワホームは倒壊実績がないことで有名で、阪神淡路大震災の2倍の震度でも倒壊しない建物を目指しているようです。ハウスメーカーがこぞって凌ぎを削る構造ですので、どんどん改良されて急速に良くなっています。

重量鉄骨造

重量鉄骨造は鉄骨造の一種です。軽量鉄骨造との違いは、「板の厚み」です。板厚が4.5mm以下の鉄骨は軽量鉄骨です。6.0mm以上から重量鉄骨造となります。重量鉄骨造は板が厚い分、大きな力に耐えることができます。軽量鉄骨造と比較しても、明らかに耐震性は高い材料です。また鉄骨は、軽くて強度、剛性が高い特徴があります。そのため、RC造なら柱が沢山必要でも、S造なら柱を少なくできる、というメリットがあります。

但し、鉄筋コンクリート造と比べると、地震時の揺れは大きいです。これは鉄骨の「柔らかい」という特徴が原因です。柔らかい材料は、地震力を受け流す性質があるため、専門的に言えば、地震エネルギーの吸収に長けている構造で、耐震性は高いと言えます。

アルミ造(AL造)

まだまだ数は少ないですが、増えつつあるアルミ造。文字通り、アルミニウムを構造材料として利用した建物構造です。アルミの最大の特徴は軽さです。鉄骨と比べて1/3程度なので、地震力は建物重量に依存するため地震が起きた時でも有利です。

他にも耐食性(腐りにくい)が高いなど、アルミならではの特徴がアルミ造に活かされます。耐震性としては、鉄骨造と同程度です。

鉄筋コンクリート造(RC造)

鉄筋コンクリートは、鉄筋とコンクリートを組み合わせた材料です。コンクリートは石に近い性質を持っており、圧縮(押される力)には強いですが、引張りの力には弱いです。そこで引張力に強い鉄筋を組み合わせることで、とても優秀な材料になりました。

鉄筋コンクリート造は、比較的耐震性が高い構造として認知されています。それは間違いではありません。なぜなら、現在の建築基準法により設計されたRC造は、大きな地震によって崩壊した事例が少ないからです。また、RC造は地震が起きたとき、比較的揺れが少ない構造です。普段の生活でも音が伝わりにくく居住性が高いので、マンション等に採用されます。

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

SRC造は鉄筋コンクリートに鉄骨を組み合わせた材料です。SRC造の柱を例にすると、柱の芯に鉄骨があり、その周りをRCで包んだ構造です。鉄骨のしなやかさと、鉄筋コンクリートの強さを兼ね備えています。前述した建物構造の中では、最も耐震性に優れています。鉄骨造、鉄筋コンクリート造、両方の良さを引き継いだ建物構造だと考えてください。その耐震性の高さから、重要度の高い複合施設やビル、津波避難施設などはSRC造が採用されます。

コンクリート充填鋼管構造(CFT造)

CFT造は、住宅ではあまりお目にかかることは無いと思います。CFT造は、鋼管の中にコンクリートを充填することで、しなやかな鉄骨造に強さが備わった材料です。SRC造と似ていますが、CFTは鋼管の中にコンクリートを入れる点が異なります。

鉄骨造は座屈(圧縮の力が作用したとき、急激に耐力が低下する現象)が起きやすいのですが、鋼管の中にコンクリートを詰めているCFT造は、その難点も改善されています。よって鉄骨造以上に、柱を細くしてスレンダーな建物にできます。商業施設などに採用が多い建物構造です。

以上簡単ではありますが、建物の構造についてレポートさせて頂きました。耐震性については日々技術進化しておりますので、新しい建物ほど地震に強いとお考え頂いて間違いはないと思います。

お気軽にお問い合わせください TEL 042-313-5710 受付時間10:00~18:00[火曜・水曜日定休]

PAGETOP
Copyright © アゾウ不動産販売株式会社 All Rights Reserved.