【資産維持の為】空部屋が続くようであれば家賃を下げないで『入居条件を緩和』する

【資産維持の為】空部屋が続くようであれば家賃を下げないで『入居条件を緩和』する

当社のエリアで長期間空部屋になっているお部屋は少ないと思います。
この6月~7月の賃貸市場の閑散期でも、次々とお部屋が決まっています。

ですが、中には流れに取り残されたように空部屋が続いているお部屋もあります。
家賃を下げる前に、入居条件を緩和してあげる事で、お部屋探しをしているお客様の候補に上がるようになります。

 

家賃は一度下げたら元に戻すのは困難

長く空部屋になると、まずは家賃を下げて募集しようと考えるオーナー様がいらっしゃいます。
ですが、家賃は一度下げてしまうと元に戻す事は困難です。
その下げた家賃がその建物の家賃として、広く認識されてしまうことになります。

今では、昔よりインターネットが流通し、様々な情報を蓄積、調査する事が出来ます。
もちろんこれは賃貸住宅市場でも同じことが言えます。

新築時の賃料から現在の賃料までの履歴を簡単に確認する事が出来るのです。
下げた家賃を戻す事は、お部屋探しをしているお客様からしたら候補から外す理由になり得ます。

家賃を下げるのは最終判断です。

 

 

入居条件を緩和する例を2つ紹介

①初期費用を安くする

『礼金』『敷金』『保証料』『鍵交換費用』『火災保険』『24時間サポート料』『害虫駆除費用』等初期費用は年々複雑化されてきています。

これらを全部ひっくるめたものが『入居する際に必要な初期費用』となります。
初期費用はお客様にとっては『大金』です。
お客様の中には、初期費用は家賃だけだと思っている方もおられます。

礼金や敷金を0ヶ月にするだけで、お客様の反応が大分変ります。

②外国籍・高齢者を受け入れる

外国籍・高齢者で部屋探しをされている方は困っています。
空室物件が多くなっているのにも関わらずです。

もし、オーナー様に抵抗がないのであれば、受け入れる事を検討してみてはいかがでしょうか。
意外とあっさり入居者が見つかる事もあります。

 

 

東京都府中市は賃貸住宅市場に動きあり!

賃貸住宅市場の動きはオーナー様が気にするところでしょう。

当社の主なエリアである府中市はこの6月~7月の賃貸住宅市場の閑散期でも動いています。
毎週何十件から数百件ものお部屋が新着ででてきては、成約していっています。

動きがあるという事は、お部屋探しをしているお客様がいるということです。

如何にお客様の目について、反響をとれるかで空部屋期間が変わってきます。
反響をとるには『入居初期費用』を改善する方法が最善策です。

今のお客様は入居初期費用をとても重要視しています。

初期費用を下げて、家賃を下げずに入居者を確保する事が出来れば、建物の資産価値を高いベースで維持する事が出来ます。
空室でお困りの際は是非ご相談下さい。
当社は空室対策の専門家としてアドバイスをすることが出来ます。

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。