【騒音トラブル】騒音トラブルの解決は入居者に任せてはいけない!

【騒音トラブル】騒音トラブルの解決は入居者に任せてはいけない!

アパートやマンション等の共同生活において『騒音トラブル』は入居者様の頭を悩ませる大きな問題です。
早期に解決しないと、善良な入居者が退去してしまう事も有りえます。
管理会社又はオーナー様は正確な情報を提供してもらって、適切な対応をする必要があります。

今回は精神的なパターンではなく実際の騒音トラブルが発生している場合の対象方法の紹介です。

 

騒音トラブルは非常にやっかいな問題

共同生活において『騒音トラブル』は非常にやっかいな問題です。
騒音で悩まれている入居者の方は常日頃からストレスを感じます。

そのストレスから住み続けるのが嫌になったり、怒りに変化していきます。
早期に解決しなければ退去に繋がる大問題です。

オーナー様は入居者の方に、心地よい住戸を提供していかなければ安定した賃貸経営を行えません。

 

 

自分で解決させるのはやめさせましょう

契約書に『近隣トラブルはご自身で解決をして下さい』という文言を残す管理会社やオーナー様もいらっしゃいます。
そうなると被害に遭っている方は、加害者を特定して、『注意』『文句』を言ってやろうと思います。
もしくは『対応してくれないなら引越す!』と考えます。

管理会社やオーナー様は入居者と入居者の間に入る必要があります。
入居者同士で解決するようにすると、大体失敗します。

簡単に解決出来るような事でも、大きなトラブルに発展する事がとても多いので、必ずこちらで対応するようにします。

 

騒音トラブルの対応方法

①詳細なメモをとる

騒音トラブルに対してクレームはメモをとっておくのが大事です。
『発生する時間』
『どのような音なのか』
『音の聞こえてくる方向』
『騒音の頻度』は必ず聞き取り控えます。
上記の内容を正確に伝えてもらう事が必要です。

②情報を整理する

『矛盾点がないか』
『どのような対応をすれば良いのか』
『建物の問題なのか』
『入居者の問題なのか』
『外部からの騒音問題なのか』

情報を整理して、最善の策を考えます。

③各住戸に聞き取り調査をする

各住戸に聞き取り調査をすることで、問題の特定をする事ができます。
必ずしも『通報者が被害者とは言えない』のです。

④実行に移す

実行に移すことは重要です。
早ければ早い程良いですが、早くても間違った対応をしてしまうと取り返しがつかない事になる事もあります。

兎に角、ほったらかしにするのだけは止めましょう。

 

 

騒音問題の解決は簡単ではない

騒音トラブルを解決するのは簡単ではありません。
プロである管理会社も対応に戸惑う事もあるくらいです。
このように簡単ではない事なのに、入居者同士で解決させるようにするとどうなるでしょうか?
当然、入居者は不満に思うでしょう。

最悪の場合は退去してしまう事になります。
入居者がいないと収入は生まれません。
これでは賃貸経営に大きな影響を及ぼします。

 

 

出来る限りの誠意を見せるべき!

出来る限りの誠意を入居者に示す事で、入居者様の信頼を得る事が出来ます。

今後、入居者不足で空部屋になる建物が増えていくでしょう。
今よりも、入居者を確保する事が難しくなります。

今いる入居者に出来るだけ長く住んで貰う事が大事になります。

 

 

まとめ

・騒音トラブルは入居者同士で解決させることはやめさせる。
・通報者からの情報は『発生時間』『頻度』『音の種類』のメモをとっておく。
・情報を整理し、最善の対応策を考える。
・必要な場合は各住戸に聞き取り調査をする。
・『通報者=被害者』という先入観は払しょくする。
・予め通報者には解決に時間がかかる事を告げておく。
・誠意をもって入居者と向かい合う。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。