入居者層を絞ると安定した賃貸経営を行う事が出来る理由

入居者層を絞ると安定した賃貸経営を行う事が出来る理由

今までは『単身者』『カップル』『ファミリー』で区分して、入居者募集をかけていれば、新しい入居者が決まっていました。
近年では、ファミリーの中でも『夫婦』『夫婦+乳幼児』『夫婦+中高生』『夫婦+両親』等で明確に入居者層を絞っていかないと、入居者の確保が難しくなってきています。

入居者層を絞り込むことで、同じ境遇の入居者が建物に集まりますので、住みやすい建物になります。
長期間入居してくれる事に繋がりやすくなります。
安定した賃貸経営の道が開けるのではないでしょうか。

 

空室対策は今後もっと苦戦する

少子高齢化の影響で、人口減少が確実な日本では、入居者の確保が今よりもさらに難しくなります。
需要と供給の関係から、バランスが崩れていきます。
現段階でも入居者の数が減ってはいますが、今後さらに入居者の数が少なる事が予想されているからです。

これからは『入居者層を絞って』賃貸経営必要性がでてくるでしょう。

 

 

ファミリー向けでも区分する事ができる

ファミリー向けの賃貸物件と言っても、『夫婦』『夫婦+乳幼児』『夫婦+中高生』『夫婦+両親』等いくつにも分けることが出来ます。
同じファミリーと言っても、全く異なるライフスタイルが必要になります。

例えば、『夫婦+乳幼児』の場合には、
『ベビーカーを置くスペースが必要になる』
『お子様と一緒に入浴出来るような風呂場や脱衣所』
『買い物した物やお子様を抱っこ』しなければならないので、1階であったり、エレベーター付きの建物が選ばれやすくなります。

 

 

高齢者向け物件にシフトチェンジ

近い将来、高齢者を受け入れる住宅が必要になります。
当社でも、高齢になられたご両親と同居出来る住宅をさがされている方の来店が多く、中々お部屋が見つからなくて困っておられます。

今後、このようなお客様がさらに増えることが予想されます。
『高齢者対応』の住宅をリフォームしていくのも良いでしょう。

バリアフリー化工事であれば、条件を整えれば、補助金も得られます。
オーナー様の所有する建物の築年数等を考慮して、今後どのようにしていくか考えてみましょう。

 

リフォーム費用も最小限に抑えられる

入居者層を絞ったリフォームであれば、最大限の費用対効果を得ることが出来ます。

ただ漠然と『単身向』『家族向』とリフォームをしていては、最新設備が常に導入されている、新築物件とイタチごっことなります。
さらには、目的を明確に持っていないので、入居者層がバラバラになってしまい、効果的なリフォームを行う事が出来ません。

入居者層によって、欲しい設備は異なります。
この事を意識してリフォームすることが鉄則です。

 

 

住みやすい住居だと長く住んでくれる

入居者層を絞り込んで確保する事で、状況の似た入居者が集まりますので、入居者様に良い生活環境を提供することが出来ます。
共同生活では、それぞれに生活があるので、生活パターンが異なります。

このように、パターンが異なる入居者ばかりですと、入居ストレスが生じる可能性があります。
建物内の入居者層を絞り込む事で、この入居ストレスを緩和することが出来ますので、長期間入居してくれる可能性が高まります。

 

 

今回は入居者層の絞りこむ事の重要性についてレポートしてきました。

漠然と入居者を募集したところで、選ばれる確率は一定です。
せっかく綺麗にリフォームしたのあれば、すぐに入居してもらわないと意味がありません。

入居者を絞らずに募集していると長期空室になってしまう可能性がある事も考慮しておくべきです。
今からでも遅くないので、徐々にシフトチェンジしては如何でしょうか。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。