『初期費用を安くした賃貸住宅の入居者は退去するのが早い』のか?

『初期費用を安くした賃貸住宅の入居者は退去するのが早い』のか?

入居時の初期費用を安くする方法は有効な空室対策になります。
ですが、お手軽に入居できる事で、入居者の意識に変化がでることもあります。
外資系の住宅業者が賃貸市場に参入した為、今後、このような賃貸住宅が『ホテルの延長線上の考え』になる事も予想されます。

初期費用を抑える事によって、今後長く住んで貰えなくなる可能性について書いています。
良いサービスを提供していけば、早期退去にはならないと思っています。

 

初期費用を抑えるのは絶大な効果有り

入居初期費用を抑えることは空室対策に絶大な効果が及びます。

家賃を下げて募集する事よりも、初期費用を抑えた方が後々の事を考えるとお得です。
初期費用を抑える事で、2年間空室だったお部屋が、1ヶ月以内に成約に繋がった事もあります。

お部屋探しをしている方は、初期費用を重視する傾向の方が増えてきています。

 

 

初期費用を抑えると入居者の意識に変化がおこる

初期費用を抑えること=手軽に入居出来るということになります。

これは入居者様にとって嬉しい事ですが、その反面、早期退去に繋がりやすい可能性があります。
これまでは、入居初期費用が高額な為、少々の不満は我慢して入居していた方も、簡単に他に移ってしまう事もあります。

初期費用を抑えた賃貸住宅は、転勤や急な場合の一時しのぎの住居として利用する入居者の方が集まる可能性があります。

 

 

早期退去はオーナー様の負担になる

早期退去に繋がれば、オーナー様の負担が大きくなることもあります。

入居初期費用の中の、
『保証料』
『鍵交換費用』
『前家賃』をオーナー様が負担していた場合、最低でも2年間は住んで貰わないと元は取れないでしょう。

入居者負担の初期費用をオーナー様が毎回負担している場合は、早期退去が大きな負担になることに繋がります。

 

 

早期退去対策を2つ紹介!

①『2年以内の解約には違約金を設ける』です。

こうすることで、2年間は住んでもらえる可能性が高まります。
設定する際は違約金の金額を1ヶ月程度にする方が良いでしょう。

あまりにも大きな金額にしますと、入居者保護の観点から『特約が無効』となる場合があります。

②『良いサービスを提供し続ける』ことです。

お部屋に満足しているのであれば、退去する必要もなくなります。

これは賃貸経営にとって当たり前の事かもしれませんが、多くのオーナー様が出来ていないと思っています。
『入居者が何も言ってこないから不満はないだろう』ではありません。
不満があるけど我慢している場合だって当然あります。

入居期間中に改善してあげることで、長期入居に繋げる事が出来るようになります。

 

 

定住しない方も増えてきています

都心を中心にですが、荷物はスーツケース一つで、1ヶ月毎に住み移る方が増えているようです。
少し前に流行った『マンスリーマンション』のようなものですが、これはちょっと違っていて、ホテルのような暮らしが出来る施設のようです。

ドリンクやアメニティ―も使い放題らしく、30代~40代の男性に人気があるようです。

また、近年では初期費用を極限まで抑えた『外資系の不動産会社が日本に進出』しました。
詳細は避けますが、この会社の物件は初期費用はほぼ家賃だけとなっています。

ただ、家賃が相場に比べてかなり高いのが欠点だと思います。
これを今のお客様がどういう反応を示すのか、とても興味があります。

 

 

現代社会は住み方の選択肢が増えてきた

現代社会は依然と比べて住み方の選択肢が増えました。

勤務先をころころ変えるのは少し問題がありますが、住居をころころ変えるのは信用に問われることがありません。
オーナー様に至ってはやる事は一つで、『良いサービスを入居者に提供する』ことです。
これは『ホテル』『民泊』であっても変わりはありません。
入居者の退去連絡に怯えていてはいけないと思います。

 

今回は『入居初期費用を抑えたお部屋の入居者は退去連絡が早いのか?』についてレポートしました。

入居者自身にも事情があって、引越しを余儀なくされる事もあります。
万が一の時の為にも、しっかりとした契約内容を用意しておきましょう。
良いサービスを提供していけば、退去が早い事はないでしょう。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。