慢性的な空室の打開策として【高齢者(65歳以上)の入居者を受け入れを検討】する

慢性的な空室の打開策として【高齢者(65歳以上)の入居者を受け入れを検討】する

もしオーナー様の所有する賃貸物件が慢性的に空室に悩んでいるようであれば、打開策として『高齢者(65歳以上)』の受入れを検討してみてはどうでしょうか。

少子高齢化の影響は徐々にではありますが、すでに出始めています。
当社でも高齢者の方の来店が以前の倍以上あります。
多分、他の不動産会社でも同じような事が起こっているでしょう。

 

賃貸市場では65歳以上で高齢者扱いとなる

賃貸住宅市場では『高齢者=65歳以上』とされています
65歳であれば、まだまだ現役で働いている方もいらっしゃいます。
どこかで線引きをする必要がある為、『65歳』が基準になっています。

 

高齢者の部屋探しが増えている背景

高齢者の方の部屋探しが増えている理由の一つに、『終いの住処』があります。
この65歳というのが一つのボーダーラインとなります。

住宅を購入して、ローンを払い終わっている方ばかりではありません。
生涯、賃貸住宅で過ごす方も大勢いらっしゃいます。

ですが、これ以上年齢が増えますと、入居審査が難しくなり、お部屋探しの難易度が極端に上がります。
ネット上や、巷の噂で、審査が難しくなるという情報が流れています。

 

 

長く住んで貰える事が確約される?

『終いの住処』としてお部屋探しをしているお客様は、長く住んでくれます。

寿命が昔よりも伸びていて、80歳を超えても元気な方もおられます。
元気なうちは、住み続けるという事ですので、10年・20年と住んでくれる事に繋がります。

賃貸経営において『空室リスク』はオーナー様の頭を悩ます問題です。
その頭の痛くなるような問題から解放されます。

通常であれば、空室になる度に『募集条件』『家賃減少』『グレードアップ工事』等を退去連絡がある度に考えなければなりませんが、この悩みがなくなりますので、長期的で安定した収益を得る事が出来るようになります。

この中でも、家賃を下げないで済むのが、とても大きいのではないでしょうか。

 

 

高齢者に付き纏う孤独死のリスク

そうは言っても、オーナー様は『高齢者の方が孤独死するリスク』を心配されるでしょう。

統計を見てみますと、孤独死の割合は60歳未満がおよそ80%を占めています。
さらに言いますと、実際に孤独死の発生割合は0.1%未満とされています。
※地域差があります。
参考記事:『孤独死保険』へ加入し貸室のリスクを管理する

この割合は今後増える可能性がありますが、それでも思っているよりは少ないのではないでしょうか。
今では『孤独死保険』という物も出てきています。

 

 

建物の寿命は30年から50年

建物の寿命は『構造』や『メンテナンス』の状況によって大きく変化しますが、概ね『30年~50年』です。
30年ぐらいで建替えを検討されるオーナー様が多い印象を受けます。

高齢者でお部屋を探されている方は、『ご自身の年齢』と『建物の築年数』を逆算して部屋探しをする傾向があります。
もし、オーナー様の所有する賃貸物件が『築15年以上』で『入居者募集に苦戦』しているのであれば、高齢者の受入れを検討する余地はあると思います。

 

今回は高齢者(65歳以上)の入居者を検討する事についてレポートしました。
孤独死等のリスクは高齢者に限った物ではありません。
若年者であっても同じことが言えます。
しっかりと保険に入り、身元保証人を付けられるのであれば、高齢者の方の受入れはメリットが高いと言えるのではないでしょうか。

それに、今後さらにこの『高齢者マーケット』は拡大していきます。
今のうちから準備しておくことで、空室で頭を悩ますことが無くなるかもしれません。

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。