『高速インターネット使用料無料』端末をプレゼントして入居を促す空室対策

『高速インターネット使用料無料』にして入居促進を促す空室対策

『高速インターネット使用料無料』は入居者様の中でも特に10代から30代の若者世代に喜ばれます。
これだけインターネットが普及している世の中ですから、あって困る物ではありません。
逆にインターネット設備がない賃貸住宅には若者世代の入居者は集まりません。

今回はこの『高速インターネット』についてレポートしていきます。

 

インターネット設備は必須!

10代~30代のお客様の必須設備の中に『高速インターネット』が上位に入りつつあります。

これだけインターネットが普及している世の中ですから、『無いと困る設備』になってきています。

建物の中にインターネット回線がない建物はほぼ無い現状ですが、もし建物にインターネット設備が無い場合には、大至急導入するようにしましょう。

 

 

入居者は個別にポータブル回線業者と契約している!?

入居者の中には個別にポータブル回線業者と契約をしている方がいます。

インターネットは『通信料』で毎月の料金が変わってきます。
外出先でスマホで動画を観た場合、すぐに『定額使用料』に達して通信制限がかかってしまいます。
ですので、外出先で動画をご覧になるような方は、『各自でポータブル回線業者と契約しています』。

契約をすると、端末を受け取る事が出来ます。
この端末の通信圏内にいれば、プラン内であれば、インターネットが使い放題になります。

もちろんこの端末は、室内でも利用可能です。

 

 

インターネット回線は何でも良いという訳ではない

ここで注意しなければならないのは、インターネット回線は何でも良いというわけではありません。

『通信速度』が一定以上のレベルに達していないと、入居者の満足度を向上させることが出来ません。

遅い回線だと言われているのが、ケーブルテレビ回線のインターネットです。
オーナー様の中にはケーブルテレビ回線を利用したインターネット回線使用料を負担している方もいます。
正直言って、10代~30代の方達が求めている回線速度に達していません。

無駄な物に費用を払うくらいであれば、辞めてしまった方が良いでしょう。

参考記事:『インターネット使用料無料』賃貸建物の勘違い!無駄な物は導入しない!

 

 

入居者様にポータブル端末をプレゼントする

入居者様にポータブル端末をプレゼントするのはどうでしょうか。

外出先でも利用できるので、喜ばない入居者様はいないと思います。
空室対策の一つとして、入居促進に繋がる事でしょう。

入居者が利用する、毎月の通信料を負担する必要がありますが、プランを決めておけば心配する事はありません。

決まったプラン以上を利用したいのであれば、毎月の家賃をプラスすればいいだけの事です。

 

 

建物に高速インターネット回線を導入する

インターネット回線業者は一つではなく、複数あります。

この中でも、高速で有名な回線業者は『ニューロ光』『auひかり』です。

ですがこの二つの回線を導入している建物はまだまだ少ない事が言えます。

この二つの回線を導入するだけでも、入居者様の満足度が上がる可能性があります。

参考記事:ネット使用料を入居者負担に変更する。その前に回線業者を増やしてみては?

 

今回は『高速インターネット』で十分に空室対策になるお話をさせて頂きました。
インターネット設備はあれば良いという訳ではありません。
意外な盲点になっています。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。