定期借家契約で『質の良い入居者を確保』安定した賃貸経営を行う

定期借家契約で『質の良い入居者を確保』安定した賃貸経営を行う

賃貸借契約には、『普通借家契約』と『定期借家契約』があります。
定期借家契約は期間を持って、契約を確定的に終了させます。
大きなメリットとしては、『不良な入居者と再契約しなくて済む』『建替や取り壊しの際に入居者と揉めずに済む』です。

善良な入居者様を確保していく事は、安定した賃貸経営に必要です。
問題のない入居者様には出来るだけ長く住んでいただいた方が良いでしょう。

今回は賃貸住宅を『定期借家契約』にして、質の良い入居者を確保する』メリットについて書いていきます。

 

定期借家契約は広く知られていない

定期借家契約は2000年に導入されました。
まだまだ、広く流通していないのが現状です。
お客様の中には『定期借家契約の場合は契約終了までしか住めないから、候補から外そう』と考える方もいます。

確かに『定期借家契約』は期間の経過をもって確定的に契約が終了する性質を持っていますが、必ずしも住み続ける事が出来ない訳ではありません。

ネット上の情報だけでは、オーナー様の『質の良い入居者を確保したい』という意図がお客様に伝わるはずがありません。
そうなると、候補から外れてしまう可能性を否定する事は出来ません。

 

 

定期借家契約の利用パターン2つ

定期借家の利用パターンは大きく分けて2つになります。

①建替、取り壊し時期が決まっている

普通借家契約の場合、『例え、建替え、取り壊しが理由があっても、賃貸借契約を解除する理由には不十分』とされています。
現入居者の方が立退きを拒んだ場合、貸主であるオーナー様が強制的に立退きをさせる事はほぼ不可能です。
長い期間をかけて、説得する事が必要になります。

対して、定期借家契約の場合、『期間をもって、確定的に契約が終了します』。
※契約時に書面で説明をして、契約終了1年前までに入居者に通知をすることが必要です。
ですので、建替え・取り壊しが決まっているのあれば、普通借家契約ではなく、定期借家契約を選択するのがベストな選択です。

参考記事:【オーナー必見】賃貸住宅の立退き交渉を穏便に済ませる方法

②質の良い入居者を確保する

定期借家契約にする事で、質の良い入居者を確保する事が可能となります。

何故か?というと、普通借家契約と比較して、定期借家契約は更新が無いからです。
期間をもって、契約が終了しますので、住み続けるには『再契約』をする必要があります。

例えば、『滞納を繰り返す』
『共用部分に物を平気で置く』
『夜中に奇声を発する』
『ゴミ出しのルールが守れない』
等の共同生活を守れない入居者を追い出すことが出来るようになります。

必然的に、質の良い入居者様が集まる事になりますので、安定した賃貸経営が可能となります。

 

 

定期借家契約では『再契約』が問題となる

定期借家契約では『再契約』が問題になります。
お部屋探しをしているお客様は『契約終了毎に、入居初期費用と同じ費用や手続きが必要』なんだと思っている方が多くいます。
この認識のズレを訂正する必要がありますが、そう簡単なものではありません。

または、オーナー様の質の良い入居者を確保したいという意図を理解したとしても、『再契約出来ないかもしれない』という不安を煽ってしまう事になりかねません。

この辺りの不安を払拭するには『サービスを提供すると良い』と思います。

参考記事:定期借家契約で質の良い入居者を確保するにはサービスが必要!

定期借家契約はオーナー様にとって強い味方となりますが、入居者にとってはデメリットになりかねない事を理解して、導入するか判断する必要があります。
上手に利用すると、安定した賃貸経営に繋がるのは間違いありません。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。