『とにかく初期費用が安いお部屋を紹介して欲しい』お客様の来店【実務日記】

『とにかく初期費用が安いお部屋を紹介して欲しい』お客様の来店【実務日記】

先日、予約無しの来店で『とにかく初期費用が安いお部屋を紹介して下さい』というお客様が来店しました。
急を要しているようで、入居まで最短でどれくらいかかるかも聞いていかれました。

今回は特にこれといった内容はなく、【実務日記】になります。
普段から不動産屋はこのような事を行っているという紹介になります。

 

とにかく初期費用を安い賃貸物件の紹介

先日、予約無しに来店されたお客様のお話です。

『とにかく初期費用の安い物件を紹介して下さい』との事でした。
初期費用といっても、『間取り』『家賃』によって大きく異なります。

まずはご予算をお聞きしたところ、『安ければ良い』との事でした。
具体的な予算を教えてくれなかったので、当社でご紹介しているお部屋の中から『礼金・敷金0ヶ月』の物を賃料の安い順で『3万円~8万円代まで』紹介させて頂きました。

 

初期費用の仕組みを理解していない様子

今まで、実家暮らしのようで、初期費用の仕組みを理解していませんでした。

毎月の家賃のみで、入居出来ると考えていたようで、初期費用の仕組みを説明。
『一般的に初期費用が安くなるお部屋というのは、礼金・敷金が0ヶ月のお部屋になります。但し、敷金を0ヶ月にするかわりに保証会社に加入してもらって、保証を受けてもらう必要があります。』

『この保証会社の初回保証料は、保証会社によって異なります。』
『安い会社ですと、月額賃料の30%もありますが、大抵の場合は月額賃料の50%です。中には100%の保証会社もあります。』
『この保証会社は1年更新の場合が殆どで、1年毎に更新料として10,000円かかります。』

『つまり、入居初期費用は、前家賃(+共益費)+保証料+火災保険になります。』
『お部屋によっては、その他に退去時のクリーニング費用を前もって支払っていたり、鍵交換費用、緊急時のサポート費用等を請求されるものもあります。』

 

 

家賃によって初期費用が変わってくる

家賃によって初期費用が変わってきます。

ですので、再度『初期費用はどれくらいでお考えですか?それか、どれくらいの家賃であれば毎月払えそうですか?』とたずねました。
ですが相変わらず応えてくれませんでした。

 

 

絶対に外せない設備は?

こういうお客様の場合、何を思っているのか感じ取る必要があります。
質問を変えて、『絶対に必要な設備はありますか?』とたずねてみました。

今まで、実家暮らしだったので、必要な設備がいまいちピンときていないようでした。

 

 

最短でどれくらいで入居出来ますか?

お客様からの質問で、『最短どれくらいで入居できますか?』質問されました。

『今回、ご紹介しているお部屋はどれも、クリーニング済みで即入居出来ます。』
『ですが、最短でも1週間~2週間程度かかると思います。』
『流れとしては、お部屋を実際に見てもらって、気に入れば申込書にお客様の個人情報を記入してもらいます。』
『申込書の内容を基に入居審査を行います。審査は1日~3日程度期間が必要とお考え下さい。稀に即日通過する事もあります。申込書に未記入部分があったりすると、その分入居審査が遅くなります。』
『審査を無事通過しましたら、契約を行います。契約に必要な書類を予めお客様に用意してもらう必要がありますので、注意して下さい。』
『鍵の交換やオーナー様との書類のやり取りがありますので、1週間程度はかかるでしょう。』

 

 

その他に聞いた事

転居理由について聞いたところ、『実家をでて、一人暮らしをしたい』との事です。
お仕事について聞いてみると、応えてくれません。
ここで、営業が思う事は、『人に言いにくい職業もしくは無職と感じ取ります』。
今回のお客様は身なりがお仕事をしている感じはありませんでした。
お仕事をしているかが分からないとこの先に進めません。

今回は資料と名刺だけお渡しして、後日ご連絡してもらうようにしました。

我々不動産会社は普段からこのような方とも接客する事があります。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。