賃貸閑散期に向けて『フリーレント』を付けて早期入居を促す

賃貸閑散期に向けて『フリーレント』を付けて早期入居を促す

賃貸の閑散期に向けてフリーレントを付けてみてはいかがでしょうか。

入居者を確保出来ないと、収入は生まれません。

フリーレントはお客様にとても喜ばれますが、使いどころを間違えるとオーナー様の負担も大きくなります。

今回は利用した方が良いお部屋についてレポートします。

 

フリーレントとは?

フリーレントとは、入居者様向けのサービスです。

使い方としては、『家賃の〇ヶ月分無料』『〇ヶ月フリーレント』のような表示をして、入居促進をはかる方法です。

表示した月数は家賃が発生しなくなりますので、お客様にとても喜ばれます。
お客様に喜ばれる反面、年間の家賃収入が減るというデメリットがあります。
不動産会社としては広告費と比べてメリットが少ないので、提案される事は少ないかもしれません。

 

 

フリーレントは丸々負担となる

フリーレントで付与した月数分は家賃収入が発生しません。

『空室期間=フリーレント』と捉える事も出来ます。
フリーレントを付与するのであれば、早期契約に結び付ける事が必須となります。

早期契約を条件としてフリーレントを付けるという使い方が一般的となっています。

 

 

フリーレントの良い所

先に述べたように、家賃の〇ヶ月分無料で住むことが可能となりますので、お客様にとても喜ばれます。

オーナー様の中には『そんなの空室と変わらないから嫌だ』と仰る方もいますが、厳密には大きな違いがあります。

空室は、入居者を見つけない限り何時まで経っても空室です。

対して、フリーレントの場合は入居者が決まってから付与するものです。

お部屋を決めようか悩んでいるお客様への『押しの一手』として効果の高いものです。

 

 

フリーレントに向いているお部屋とは?

フリーレントを付与するのはどんなお部屋でも構いませんが、付与しなくても新しい入居者が見つかる場合には『ただ損をするだけ』となります。

現状のお部屋で賃貸市場に出してもライバルと勝負できる場合はフリーレントを付ける必要はありません。

フリーレントに向いているお部屋は『空室期間が3ヶ月以上になっているお部屋』または『建物内の別のお部屋が長期的に空室になっている』『複数空部屋になっている』場合です。

複数空部屋になってしまっている場合には、早期に解決しなければならない大問題です。
フリーレントを付与してでも早期に新しい入居者を確保して下さい。
または『グレードアップ工事をせずに勝負したい』『余計な出費はかけたくない』というオーナー様に向いています。

 

 

フリーレントの注意点

フリーレントを付与する場合には、短期解約を禁止する事項を契約書に盛り込む必要があります。

入退出が頻繁に行われてしまいますと、折角フリーレントを付けて迄、確保した入居者を逃す事になってしまいます。
2年以内の解約には違約金として1ヶ月を請求する文言を盛り込むとよいと思います。

 

今回はフリーレントについてレポートしました。
繁忙期を過ぎて、賃貸閑散期に移っていきますので、もしも空部屋でお困りならフリーレントも考えてみてはどうでしょうか。

過去にもフリーレントの記事を書いていますのでよかったらお読みください。
参考記事:フリーレントと広告費には明確な違いが有り!比較検討してみる

上手に利用する事で、グレードアップ工事の費用を掛けずに新しい入居者を確保することも出来ます。
色々な視野から物事を判断して、オーナー様の所有する建物にあった空室対策を施してみてはいかがでしょうか。

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。