空室が長引いていたら『不動産仲介会社』に相談してヒントを得る

空室が長引いていたら『仲介会社』に相談してヒントを得る

空室が長引いてきたら『仲介』のプロである『仲介不動産会社』に相談してみるとよい方向に進む時があります。
仲介会社はお客様と接する機会が非常に多いので、現在のニーズを把握しています。
最新のお客様の動向を知る事で、効果的な空室対策をする近道となります。

 

仲介会社は仲介のプロ!

不動産会社といっても『管理会社』『仲介会社』『仕入専門』『投資会社』等多岐に渡ります。

この中で、今回はお客様とオーナー様を結びつける大きな力となる『仲介会社』に焦点をあてていきます。

仲介不動産会社は、オーナー様よりも『部屋探しをしているお客様』と接する機会がとても多くなります。
実際にオーナー様から預かったお部屋以外も、お客様に紹介していきますので、流通している様々な情報に敏感です。

『どのようなお部屋が人気があって』『どのようなお部屋が決まらないか』を肌で感じています。

時期によって、お客様のニーズが変化します。
ニーズの変化にも柔軟に対応する事が出来ます。

 

 

不動産管理会社は管理のプロ!

対して、不動産管理会社はオーナー様から預かったお部屋を仲介会社に情報を発信して客付けする事が主になります。

管理会社に来店されるお客様は、ネット上で調べて、『決まったお部屋を成約する為に来店します』。

その為、オーナー様から預かったお部屋だけを紹介する事がとても多く。
来店されたお客様の条件を聞いて、手持ちに条件に見合うものが無ければ紹介しません。
お客様とのコミュニケ―ション機会は仲介会社と比べると総じて低くなります。
その為、オーナー様から預かったお部屋の情報には強いですが、流通している空部屋の情報には疎い傾向にあります。

 

 

反響がとれるならそれでも良い

つまり、何が言いたいかというと、『空部屋で反響がとれるかとれないか』が大きな分岐点になります。

評判の良い大手管理会社にお願いしていても、一向に新しい入居者が見つからない場合は、『反響がとれていない』からです。

さらに大手管理会社は抱え込む物件の数も多くなりますので、オーナー様の建物が埋もれてしまっている事が多くあります。
流通している空部屋に疎いと、今求められていない条件で募集を続けている事もあるのです。
それでは反響のとれるお部屋になる事はありません。

 

 

反響のとれるお部屋にシフトチェンジする

では、どうしたら反響のとれるお部屋に出来るかと言うと、簡単な事です。

複数の仲介不動産会社に今人気があるお部屋の情報を教えてもらう事。

これは、一社でも構いませんが、二・三社の方が情報を分析し易くなるからです。
人気のあるお部屋を分析して、真似をしていく事で、有効な空室対策となり得ます。
但し、重要なのは、完全に真似をしてはいけないという事です。

完全に真似をしていまいますと、個性が無くなり、流通しているお部屋に埋もれてしまいます。
最後の一手は物件によって違ってきますので、良く考えてみて下さい。

 

仲介不動産会社を上手に利用する事で、空室で頭を悩ます事が無くなります。
お部屋に新しい入居者が中々決まらない場合は、地元の仲介不動産会社に相談してみては如何でしょうか。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。