礼金1ヶ月より礼金0ヶ月で早期入居させた方が良い理由

礼金1ヶ月より礼金0ヶ月で早期入居させた方が良い理由

今回は礼金1ヶ月にしてオーナー様の負担を減らすよりも、礼金0ヶ月にして早期入居させた方が良い理由についてレポートします。

トータルで見た時に負担が少ない方を選ぶべきですが、近年では余程の人気物件か築浅でもない限り『礼金1ヶ月』の建物は無くなってきています。

新築の建物でさえ、礼金0ヶ月の物件もあるほどです。

礼金があると、それだけでお客様の候補から外れてしまうリスクがあります。

もし、礼金1ヶ月にしたいのであれば、別のアプローチをすることが必要になってきます。

 

不動産屋へのお礼として礼金

一昔前であれば、礼金はオーナー様の懐に入る物でした。

成約した際に家賃の1ヶ月分を不動産会社に支払う事を予め契約書に明記している場合が多いと思います。

オーナー様としては、入居者が決まる度にお礼として家賃の1ヶ月分を支払わなければなりません。

礼金0ヶ月にした場合はオーナー様の負担が大きくなることになります。

 

 

礼金1ヶ月は候補から外れる

それならば、今まで通り『礼金をお客様から頂く』形をとって、負担を減らそうと考えるでしょう。

ですが、流通している空部屋の多くは『礼金0ヶ月』です。

こうなると、初期費用の中に礼金があるだけで、お客様の候補から外れてしまうリスクが生じます。

仕方なく礼金0ヶ月にしているオーナー様のいることでしょう。

 

 

礼金より空室リスクのダメージが大きい

ここで空部屋のリスクで考えていきます。

お客様に気に入ってもらい、契約をしてもらわなければいつまで経っても収入は生まれません。

礼金1ヶ月にした場合の想定空室期間と礼金0ヶ月にした場合の想定空室期間を比べてみる必要性があります。

単純に考えて、礼金0ヶ月の場合より、礼金1ヶ月の場合の方が1ヶ月早く入居者を見つければ良い話です。

果たしてそんな都合の良い話が今のお客様に通用するでしょうか?

世の中には非常に多くの空部屋が流通しています。

そのライバルに勝たなければいけないのに、条件の段階で候補から外されていては太刀打ちすることすら出来ません。

 

 

礼金1ヶ月なら更新料を無料にする

どうしても礼金分の負担が惜しいと思うのであれば、礼金をお客様から頂く条件として、『更新料を無料』にするというのはどうでしょうか。

参考記事:更新料無料!長く入居してもらう対策に今から踏み切ってみましょう

安定した賃貸経営を行うのに一番良いのは、入居者に長く住んでもらうことです。

更新料を0ヶ月にすることによって、2年毎の更新時に『住替え』の考えを払拭させることが出来ます。

オーナー様としても、また空室対策として『募集条件』『家賃』『原状回復工事』『空室リスク』を考えなくてすむようになります。

 

ただ単に不動産会社に支払いたくないから『礼金0ヶ月の条件をのめない』では大きな痛手に繋がるリスクがあります。

更新料を無料にする等の何かしらの対策を施しておく必要性が出てきます。

礼金1ヶ月から礼金0ヶ月に条件を変更したからといって早期成約に繋がるわけではなく、今では礼金0ヶ月が世の中のスタンダードだということを十分認識して下さい。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。