築30年を超えても入居者を確保する方法とは?

建物は築年数が経つにつれて、入居者を確保するのが難しくなります。

次々と新しい建物が建築されるご時世ですから、ライバルがいなくなることはありません。

古くなったからといって、簡単に取り壊して、再建築出来るような方はそうそういないでしょう。

今回は築30年を超えた建物で新しい入居者を見つける方法についてレポートします。

 

築年数はどうにもならない

年齢と同じで、建物にも築年数とういう年齢と同じような物が存在します。

築年数を無くすことは不可能ですので、如何に良い状態を保っていく事が重要となります。

築30年を超えても、満室稼働している建物はたくさんあります。

 

 

築30年を超えたら立替えの目安は本当か

一般的には築30年を経つと、建替えの目安とされています。

これはあくまでも目安ですので、建替えをしなければいけないというわけではありません。

建替えを決断するタイミングは『入居者の確保』が難しくなった時ではないでしょうか。

定期的にメンテナンスをして、ニーズに敏感なオーナー様は築30年程度では建替えをしようとは思わないようです。

 

 

築年数にこだわらないお客様がいる

築年数にさほどこだわりがないお客様は実際にいらっしゃいます。

建物は定期的にメンテナンスをしていけば50年以上持つように出来ています。

但し、築年数にこだわりをもたないお客様であっても、見るからに劣化が激しい建物は敬遠されてしまいます。

 

 

築年数が古いとハードルが下がる

築年数が30年以上経っているお部屋を紹介する事は業務の中で当然あります。

お客様の先入観では、かなり古いボロボロな建物をイメージしていることが多く、ハードルを下げてる場合があります。

ここで、良い意味で期待を裏切ることが出来れば、成約に繋げる事が出来ます。

その為には、日頃の定期メンテナンスはとても重要です。

如何に古さを感じさせない事が出来るかが重要になってきます。

『鉄は熱いうちに打て』という言葉があるように、お客様に良い反応がでた場合には、我々不動産屋は成約に努めるように営業します。

 

 

ニーズに敏感である必要がある

定期的なメンテナンスは第一段階で、最低条件の一つです。

築年数が経つにつれて、オーナー様の経営手腕がより問われることになります。

『内外装をリフォーム』
『家賃を下げる』
『募集条件を緩和する』

何かしらの対応を必ずしないと、入居者様を確保する事は出来ません。

当社でオススメしているのは募集条件の緩和です。

参考記事:単身者賃貸に絶大な人気『0賃貸』の導入について解説

参考記事:入居条件を緩和すると『家賃値下げのリスクを回避』する事が可能

 

 

築30年位だと投資家に人気がある

築30年位の建物は投資家に人気があります。

ご存知のように、構造にもよりますが、20年を超えると建物価値はほぼなくなります。

30年ともなると建物の価値はほぼ『0』となります。

売却しようとすると、土地値で取引となることが通例ですので、投資家からしたらとても魅力的な物件なのです。

賃貸経営には経費等の維持費がかかりますので、頃合いを見計らって売却するのも良い考えでしょう。

売却資金を元手に、築年数が新しい建物を購入するのも良いと思います。

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。