【入居促進】早期入居特典に『フリーレント』を付与する

【入居促進】早期入居特典に『フリーレント』を付与する

賃貸の繁忙期である1~3月でみるみる内に空部屋だったお部屋に申込が入りました。

お客様の多い繁忙期に入居者を確保できなかったオーナー様は、何か対策をしないと新しい入居者を確保するのがどんどん遅くなってしまいます。

対策の方法の一つとして、『早期入居者にはフリーレント〇ヶ月』キャンペーンをおすすめします。

繁忙期を過ぎた今、お客様の絶対数が減っていますので、なるべく早く新しい入居者を確保する必要があります。

 

フリーレントとは?

フリーレントとは、家賃無料で住める期間を設ける事です。

無料で住む期間を与える事になりますので、『空室期間=フリーレント期間』と捉える事が出来ます。

お客様にとっては、フリーレントを初期費用に回す事もあったり、とても喜ばれるサービスとなっています。

 

 

なぜフリーレントが必要なのか

現状の募集方法で数あるライバルに勝って、入居者を確保するには何か思い切った対策をしなければなりません。

家賃を下げる事は『資産価値の減少』に繋がりますのでおすすめしません。

資産価値を維持する為にも、『フリーレント』をお客様にサービスする事で資産維持につなげる事が出来ます。

 

 

ずるずると空室期間が長引くよりは良い

何も対策をしないでそのままずるずると空室期間が長引くオーナー様がいらっしゃいます。

賃貸経営のリスクとして『空室期間のリスク』は出来るだけ短い期間で解決しなければいけない問題です。

入居者がいないお部屋は何も生み出してくれません。

収入が無ければ、賃貸経営を行う意味はありません。

 

 

想定空室期間を考慮する

入居促進にフリーレントは大いに役立ちます。

ですが問題なのは『フリーレントの期間』です。

もちろん『フリーレント1ヶ月』でも大きな効果を見込めますが、地域差や建物の状況によっては1ヶ月では足りない場合もあります。

3ヶ月以上の長い期間をフリーレントにする場合はそれはそれでリスクが伴います。

3ヶ月以上にする場合は『〇ヶ月間賃料半額キャンペーン』にしても良いでしょう。

サブリースを行ってもらっているオーナー様には『免責期間』が存在していると思います。

平均的に免責期間は1~2ヶ月の不動産会社が多いようです。

平均的な免責期間に入居者様を見つけれれば、ダメージは軽減出来ます。

 

 

2週間以内に申込をもらう設定にする

フリーレントは早期入居してもらう方法です。

募集開始から2週間以内に申込をもらうように期間を設定する必要があります。

フリーレントを付与する事で、必ず『無収入』の期間が出てくるからです。

期間限定でフリーレントキャンペーンを行い、お客様の反応を見るのも良いと思います。

 

 

フリーレントの2つの注意点

フリーレントを導入するにあたって、クリアしておかなければならない事が2つあります。

①即入居状態であること

原状回復工事済かつ、クリーニング済でなければなりません。

入居者が見つかってから、実施してしまうと、それだけ入居までの期間が延びてしまうことになるからです。

一日でも早い『賃料発生日』に出来るようにしましょう。

②家賃を下げないこと

フリーレントを付与する事で、無収入の期間が出てきますので、相場より明らかに安い賃料にしない事です。

導入するにあたって、賃料を今よりも下げない事をおすすめしています。

もし下げる意思があるのであれば、フリーレントを付与する前に行って下さい。

フリーレントの意義は、資産維持が強くなっています。

 

今回は、繁忙期を過ぎた今できる早期空室対策の一つ『フリーレント』の導入についてレポートしました。

何か対策をしないと、ずるずると空室が長引くことになります。

出来るだけ早く入居者を確保するように頑張ってください。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。