新着賃貸物件が続々!4月は強力なライバルが登場してくる!

新着賃貸物件が続々!4月は強力なライバルが登場してくる!

1月から3月の繁忙期で随分と賃貸物件が決まっていきました。
オーナー様のお部屋はどうでしたでしょうか?
掲載してから1週間以内に成約になるお部屋もあり、かなりの数が流通情報から消えていきました。

4月に入り、続々と新着物件情報が出てきています。
5月に新築が建つ事もあり、ライバルが減る事はあり得ません。
一向に新しい入居者が決まらないのであれば、早急に対策を練る必要があります。
待っていても好転に転じる事は今の市場ではあり得ません。

 

1月~3月で流通物件が次々と消えていく

1月~3月の賃貸繁忙期で流通しているお部屋の殆どに新しい入居者が決まっていきました。
これは、単身用に限らずファミリー向けの賃貸物件にも同じことが言えます。

オーナー様の所有する建物はどうでしたでしょうか?
無事に新しい入居者を見つける事ができ、満室稼働に成功していますか?

 

 

4月に入り新着物件が続々登場

4月に入り、新着物件が続々と増えてきています。

これは3月下旬に退去していったお部屋の準備が整ったからでしょう。
この新着の中には当然人気のあるハイセンスなお部屋も含まれています。
4月に空部屋になっているお部屋は『人気のない残り物』と勘違いされるオーナー様やお客様がいます。

これは大きな間違いで、3月末に退去になった『良物件』が4月~出てくるのです。

 

 

5月には新築の募集が始まります

5月になると、新築の賃貸物件が完成する事もあります。

5月くらいまでは賃貸の動きがあるといわれるのは、この事が要因の一部にもなっています。
また、急な転勤を余儀なくされた方や社会人の方であったり。

落ち着いてお部屋を探したいという方はあえて繁忙期を過ぎた、この5月に部屋探しを始める方もいます。

 

 

4月から部屋を探す人は上級者

1月~3月に部屋を探すお客様と4月~5月に部屋を探すお客様には大きな違いがあります。

1月~3月の間に部屋を探す方は『初めての一人暮らし』『急を要する事情』がある方が多い印象です。

4月~お部屋を探すお客様は『ゆっくり、じっくり部屋を吟味したい』という方が多くなります。

その為、気に入るお部屋でなければ成約に繋げるのはとても難しくなります。

 

 

繁忙期中から空部屋のお部屋は厳しい戦い

1月~3月の賃貸繁忙期中に『すでに空部屋』であったお部屋はこの時期にはとても厳しい戦いになる事になります。

分かりやすいように説明すると、

『1月~3月のお客様の多い時期に選ばれていない』
『3月末退去の人気物件が4月にでてくる』
『5月には新築物件が出てくる』からです。

お客様の多い繁忙期に新しい入居者を確保できなかったお部屋が強力なライバルに勝つには対策をしなければいけません。
何も対策しないと、さらに空室期間を延ばすことになるのは目にみえて明らかです。

 

 

6月になると動きが鈍くなる

さらには6月になると『梅雨』の影響もあって、動きが鈍くなります。

現在空部屋の場合は何としてでも5月までには入居者を確保したいところです。
今からでも遅くはないので、
『繁忙期中と同条件の募集をやめて変更する』
『グレードアップ工事をする』
『家賃を見直す』等の変更を行った方が良いでしょう。

現在は情報社会ですので、お客様はオーナー様が思っているよりも『賢い』と認識して空室対策に励んでくれればと思います。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。