更新時の賃料交渉には応じた方が良い理由

更新時の賃料交渉には応じた方が良い理由

賃貸借契約には契約期間があります。

契約期間を超えて、住み続けたい場合には『契約の更新』を行わなければなりません。

入居者様の中には、更新時に家賃の減額を交渉してこられる方がおられます。

減額交渉に応じたくない気持ちもわかりますが、出来るだけ相談にのってあげるようにしましょう。

 

地域相場に比べて高くなっている

建物は年数の経過とともに『建物の価値は減少します』。

これは賃貸経営において避ける事の出来ないことあり、仕方のない事でもあります。

入居者様から『更新時に賃料減額交渉』が入った場合、地域相場より高くなっている可能性が大いにあります。

 

更新が近づくと相場を調べる

入居者の方は更新時期が近づくと、相場を調べるようになります。

今では、誰でも簡単にインターネットで地域相場を調べる事が出来ます。

もしオーナー様の所有する建物に同じ間取りのお部屋が空室であった場合で考えてみます。

家賃交渉があったお部屋と比べて募集賃料はどうでしょうか?

もし、募集家賃が交渉があった方のお部屋と比べて安かった場合、不満が生まれてきます。

入居者様は住んでいる建物の相場賃料を知っていると考えた方が良いでしょう。

 

賃料交渉は入居の意思表示

賃料減額交渉は入居者様からの『住み続けたい』という意思表示と捉える事が出来ます。

住み続けたくないのであれば、賃料交渉をせずに、他のお部屋の引越すことでしょう。

もし引越すという事になった場合に、また高額な初期費用を払わなければならなくなる可能性があります。

そういった理由で更新される入居者の方もおられます。

 

更新してもらった方が良い理由

賃料減額してでも、更新してもらった方が良い理由は安定した収入にあります。

空部屋になってしまうと、次の入居者が見つかるまでは収入が無くなることになります。

すぐに新しい入居者が見つかった場合であっても、空室期間はほぼ確実に発生します。

ましてや、これだけ空部屋が多くなっているご時世ですから、長期間空室になってしまうリスクがあります。

中々新しい入居者が決まらずに、結局家賃を下げて募集したのであれば、元も子もありません。

 

出来るだけ更新してもらう

賃料減額交渉があった場合でも、出来るだけ家賃交渉に応じるようにしましょう。

絶対に家賃を下げる気が最初からなくても、一度時間をあけて返答するようにして下さい。

入居者様は勇気をだして、『家賃減額の提案をしています』。

その気持ちを無下にしてはならないと思います。

『よく考えたけど、やっぱり応じる事が出来ない』と答えた上げた方が印象が大分違います。

出来るだけ現入居者様の要望に寄り添ってあげて下さい。

 

不良な入居者は応じなくても良い

『家賃滞納』『共同生活のマナーを守れない』等の不良な入居者からの交渉であれば応じる必要はありません。

また、無理な金額の賃料交渉も応じる必要はないとも思えます。

ですが、判断するのは、オーナー様ですので、それでも良いという事であれば応じて上げても良いでしょう。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。