効果のあった空室対策のアンケート調査【2019年後編】

効果のあった空室対策のアンケート調査【2019年後編】

今回はオーナー様にアンケート協力をお願いし、効果のあった空室対策の後編をそれぞれご紹介していきます。

最も多かったのは『広告費(AD)』という結果になっています。

これは全てのエリアに当てはまる訳ではなく、地域によって対策方法が変わってきます。

参考程度にお読み頂ければと思います。

 

2019年2月アンケート結果

1位:広告費(AD)を増やす
2位:家賃を下げる
3位:リフォームの実施
4位:仲介会社との信頼関係を構築する
5位:入居者特典を付ける
6位:設備の充実をはかる(インターネット利用料無料等)
7位:管理会社の変更
8位:自らお客様を探す
9位:その他
10位:特になし

 

5位:入居者特典を付ける

前回の記事:効果のあった空室対策のアンケート調査【2019年前編】

これは、『空気清浄機』『加湿器』『クオカード』等を入居して頂いた方にプレゼントする方法です。

花粉多い時期には『空気清浄機』を特典にしたり、冬場の乾燥した時期であれば『加湿器』を特典にする事により効果が期待できます。

オーナー様の中には、コンペや景品等で手に入れた余り物を利用して効果を得ている方もいるそうです。

ちょっとした事でも、上手に使う事で空室対策になります。

 

6位:設備の充実をはかる

ニーズは時代とともに変化します。

いつまでも時代遅れな設備のままですと、お客様には見向きもされなくなります。

空室が長引いているのあれば、思い切って設備の入替を検討するべきでしょう。

設備の一新には多額の費用がかかりますので、本当に必要な設備が何なのかを精査する必要があります。

参考記事:足りないものを埋めるリフォームは危険!まずは長所を伸ばす事を考えよう

 

7位:管理会社の変更

管理会社を変更しただけで、新しい入居者がすんなり決まるというのはよくある話です。

『適正家賃』『十分な設備』であれば、真っ先に管理会社を疑ってみて下さい。

大手の管理会社だから安心だというわけではありません。

仲介会社から嫌われている管理会社も存在します。

そういった管理会社のお部屋はお客様に理由をつけて紹介しないこともあるのです。

参考記事:収益が上がらない問題点④管理会社の対応に問題がある

参考記事:管理会社が内覧用鍵を保管すると機会損失の可能性有あり

 

8位:自らお客様を探す

インターネットが普及してきた現状では、オーナー様自らお部屋を紹介することも多くなってきています。

ですが、これはあくまで結果論なだけで、不動産会社に頼んだ場合と比べると効果は薄くなります。

オーナー様だけが知るようなお部屋の『良い所』や『悪い所』全てを担当の不動産会社に伝えておけば、無駄な労力を省くことが出来ます。

 

 

今回は、効果のあった空室対策のアンケート調査【2019年前後編】をレポートさせて頂きました。

前回の記事、1位~4位もよろしければご参照下さい。

参考記事:効果のあった空室対策のアンケート調査【2019年前編】

地域によって、一番効果のある対策は異なります。

オーナー様の所有する建物があるエリアの動向や入居者ニーズを把握すれば、空室が長引くような事は無くなります。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。