自己管理で空部屋を無くし満室にする方法

自己管理で空部屋を無くし満室にする方法

所有しているアパート・マンションを管理会社に委託せずに、自己管理されているオーナー様に向けて書いています。

このようなオーナー様は、空部屋が出た場合、お部屋をお客様に紹介してもらうように上手く不動産会社を利用出来るかが肝になります。

今回は自己管理しているオーナー様の強い味方となる、不動産仲介会社の利用方法についてレポートします。

 

自己管理とは?

所有するアパート・マンションを不動産管理会社に委託せずに、ご自身で管理されている方を『自己管理オーナー』と呼んでいます。

自己管理されているオーナー様は時間に余裕がある方が多い印象です。

普段から仕事をしていて、賃貸経営に費やせる時間が無い方は、管理会社に委託する方が殆どです。

 

地元の仲介会社を味方にする

自己管理をしているオーナー様は、地元の仲介会社を味方につける必要があります。

空部屋が出た場合の募集依頼もご自身で不動産会社に連絡しなければなりません。

募集依頼を受けたからと言って、正直なところ『一般媒介』のオーナー様の物件は熱心に紹介する業者は少なくなります。

仲介不動産会社を味方につけて、積極的に紹介してもらう方法を紹介します。

 

オーナー様を覚えてもらう

まず大事な事は、オーナー様を覚えてもらう事です。

不動産会社周りをして顔を覚えてもらう事はもちろんの事、オーナー様ご自身のプロフィールを紹介すると良いでしょう。

見ず知らずのオーナー様では無くなりますので、不動産仲介会社の印象に強く残ることになります。

お客様の中には、どのようなオーナー様なのか気にする方もいます。

その為、お願いする不動産会社の全社員に印象が残るまで、何度も行って下さい。

これだけで、空室リスクが大分下がります。

 

入居者が決まるまで募集依頼をする

オーナー様の顔やプロフィールを不動産会社に覚えてもらったら、次の段階に移ります。

新しい入居者が決まるまで、募集依頼を定期的にFAXでいいので送り続けて下さい。

実務上、『一般媒介』のオーナー様の場合、まだご紹介可能なのかどうかわからない場合があります。

連絡がすぐつけばいいですが、会社ではなく個人様ですので、連絡がつかない場合もあります。

ましてや、他の不動産屋にも募集依頼をかけている事を仲介会社は知っています。

『連絡が無いから、どうせ他で決まったんだろう』と思い込みます。

この事を避けるために『3日おき位』にお部屋の状況を知らせる事がとても大事です。

募集をお願いしたからそれで終わりという訳ではなく、入居者が決まるまで継続することが自己管理のオーナー様には必要です。

 

成約したら連絡をする

ここでもう一つ大事な事があります。

新しい入居者が無事決まりましたら、募集依頼をした不動産会社全てに連絡をして下さい。

賃貸にはいつか必ず空部屋が出てきます。

入居者が決まったという連絡をするだけで、不動産会社の印象がとても良くなります。

印象の良いオーナー様のお部屋は、次に空部屋が出た場合にも引き継がれます。

残念ながら、今回は成約に結びつけなかった不動産会社は『次こそはうちで決める』という意識が高まります。

 

 

まとめ

・募集依頼をする不動産会社の全社員にオーナー様の事を覚えてもらう。

・新しい入居者が決まるまで定期的に募集依頼を送り続ける。

・新しい入居者が決まったら、入居者が決まったことを募集依頼をした不動産会社全てに連絡をする。

 

たったこれだけの事で空室期間が短くなります。

自己管理のオーナー様は上手に仲介会社を利用する事がとても大事になってきます。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。