同棲・新婚さん向けの賃貸物件で成功する秘訣

同棲・新婚さん向けの賃貸物件で成功する秘訣

同棲・新婚さんにおすすめする賃貸物件は間取りを最優先に考えましょう。

夫婦共働きが多くなっている近年では、プライベート空間を持てる間取りであるかも重視されてきています。

ライフスタイルを考えたプランニングすることで、お互いの生活を邪魔する事のなく快適な生活を送る事が出来ます。

現状のお部屋をリフォームする際は参考にしてみて下さい。

 

同棲・新婚さんの退去確率

オーナー様の中にはカップル向けの賃貸物件仕様にするのを避ける方もいると思います。

その多くの理由が『退去率の高さ』からでしょう。

単身や家族向けの賃貸物件と違って、同棲・新婚さんに向けたカップル賃貸は入居してから退去までの期間が極端に短い事があるのです。

 

生活環境のズレが生じる

今まで別々に暮らしていた訳ですから、いくら愛し合っていたとしても、生活のズレが生じる事もあります。

自分が当たり前だと思っていたことも、相手からしたら違っている事もあります。

例えば、『帰宅時間』『就寝時間』『プライベートな時間』『日課である趣味』等です。

これらの生活スタイルの違いにストレスを感じ、疲れや嫌気が溜まってしまうこともあります。

同じ生活空間ではあるけれども、少し距離を置くことが出来る空間を持つのが人気になってきています。

近年では『夫婦共働き』や『女性の社会進出』が普及してきました。

女性が家庭で家事を行い、男性が外で働く時代では無くなってきています。

 

居室は二部屋を確保する

同棲・新婚様向けの賃貸ぶっけんでは『二部屋ある間取り』がお勧めです。

例えば『2DK』『2LDK』がこれに当たります。

この中でも『L(リビング)』があるお部屋を作る事がおすすめです。

リビングは家族団らんのスペースです。

リビングがあれば『食事をとる事も』『くつろぐこと』も出来ます。

台所のない2Kですと、キッチンスペースしかないので、テーブルを置いて食事をする場所の確保が難しくなります。

 

1LDKの難点

カップルをターゲットにした『1LDK』の間取りが大手ハウスメーカーを中心に建設されてきています。

この1LDKは施工のメリットが高いので、増えている事が考えられます。

ですが、この1LDKはどうにもならない難点があります。

1LDKですと、たった一つのお部屋を『寝室』にする事になります。

同棲・新婚さんのどちらも人間ですから、当然喧嘩をすることがあります。

そうなるとたった一つお部屋である寝室で、喧嘩をした日も一緒に寝る事になります。

1人はリビングで寝る事になったり、外でホテルを借りる場合も考えられますが、おすすめ出来るわけではありません。

少し距離を置いて『頭を冷やす時間』として、もう一部屋あるととても重宝します

 

カップル物件に必要な設備は最低3つ!

必要な設備は『2口ガスコンロ以上』『独立洗面所』『独立したトイレ』の3点です。

最初から贅沢を出来るカップルばかりではありませんので、この3点があれば有効に働きます。

①2口ガスコンロ

ガスコンロは2口以上は必要です。

1口で自炊するのはとても不便ですので、お客様に選ばれる事はまずありません。

②独理洗面所

次に『洗面所』です。

単純に身支度をする人数が二人になる訳ですから、洗面所の広さも重要になります。

こじんまりとしたデザイン重視の『洗面台』は使いにくい場合もあります。

『2点ユニットバス』等のお風呂と一緒の場合は選ばれにくい傾向になります。

③独立したトイレ

次に『トイレ』です。

『3点ユニットバス』のように、お風呂とトイレが一緒ですと、『トイレ』を使用したい時に使えなくなってしまいます。

二人が生活する上で、考えると不便なのはすぐわかりますので、選ばれにくくなります。

 

その他の設備はあれば尚良い

『室内洗濯機置き場』『追焚給湯風呂』等の設備は、工夫して使うことによってどうにでもなります。

最近では、『浴室乾燥機』『温水洗浄便座』等の上級設備もたくさん出てきていますが、必須設備を増やすと『賃料も高額』になります

高額になり過ぎると、お客様の予算から外れてしまう事も考えれます。

 

 

同棲・新婚さんにおススメの賃貸物件はこちら

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社(azakami)

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。