空部屋が2ヶ月以内に決まる空室対策【条件編】

空部屋は時間の経過とともに不動産屋からお客様への紹介される回数が減ってきます。

2ヶ月以上空部屋が続いているのであれば、もう紹介されていないこともあり得ます。

そうなってしまうと、悪循環に陥いってしまいますので、可及的速やかに次の対策をする必要があります。

今回はお客様に紹介されやすい条件について書いていきます。

賃料を下げて募集するのは最終手段にしておくことが大事です。

 

紹介される回数の減少

空部屋は新着物件として紹介される時が最大で、期間の経過とともに紹介される回数が減ってきます。

2ヶ月経っても、同じ条件で募集していてもお客様の反響をとることが出来ませんので、仲介会社としては積極的に紹介しなくなっていきます。

管理会社の立場からすると、オーナー様への面子もありますので、何とかしようと努力する会社もありますが、そもそものノウハウがない場合もあります。

頑張るといっても、具体的にどう頑張ってくれるのか分からないので、オーナー様は不信感が生まれてくるでしょう。

不動産会社といっても『管理会社』『仲介会社』で全くやっていることが違います。

 

礼金0ヶ月に見直す

礼金を1ヶ月で募集している場合は、0ヶ月に変更してみて下さい。

空室期間が長引くよりは、オーナー様の負担も減るはずです。

近年の賃貸物件の動向ですと、礼金0ヶ月にしているお部屋の方が圧倒的に多くなっています。

礼金は敷金と違って、戻ってこないお金ということは周知の事実ですので、壁を作られてしまいます。

 

敷金0ヶ月にする

礼金を0ヶ月にしても、一向に反響が取れない場合は、敷金も0ヶ月にしてみては如何でしょうか。

礼金・敷金0ヶ月のお部屋は数があまりありませんので、大きな広告効果が見込めます。

敷金0ヶ月にするかわりに、『保証会社への加入必須』『退去時のクリーニング代を入居時払い』にしておけば、最低限の担保を確保することが出来ます。

 

地元の仲介不動産会社に紹介依頼をする

礼金・敷金0ヶ月にしても、新しい入居者が決まらない場合は、不動産屋からお客様に紹介されていない可能性も出てきます。

管理会社だけでなく、地元の賃貸仲介会社へ『紹介依頼をします』。管理会社の広告が不十分であったり、評判の悪い管理会社の場合ですと、仲介会社はお客様にお部屋を紹介しないようになります。

折角、条件を緩和して、住み替えのし易い条件に変更した場合でも、お客様に紹介されていないようであれば意味がありません。

オーナー様直々のお願いであれば、仲介会社も協力してくれるはずです。

 

それでも決まらないなら家賃を下げる

それでも新しい入居者が決まらない場合は、最終手段として家賃を下げる事を検討しましょう。

適正家賃で上記の対策を行えば8割がた新しい入居者が決まります。

何故入居者が決まらないかと言うと『適正家賃では無くなっている』と思った方が賢明です。

お客様はインターネットで色々なお部屋を見ていますので、相場がわかってきます。

その中で一つ頭が抜けて高いお部屋はお客様の目に止まらなくなります。

適正家賃の再調査をするようにしましょう。

 

付加価値をつけて家賃を下げない

『内装をリノベーション』『フリーレントを付ける』『入居後半年は家賃半月分』『バイク駐輪無料』等の付加価値を付ける事で、家賃を下げないでも新しい入居者の方を見つける事が出来るようになります。

オーナー様の所有する建物のデメリットを打ち消す事が出来れば、家賃を下げなくても成約に繋がる事もあり得ます。

 

今回は2ヶ月以内に決める空室対策の条件編についてレポートしました。

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。