建物内の『ペット臭』『タバコ臭』『ゴミ臭』のトラブル解決方法

建物内の『ペット臭』『タバコ臭』『ゴミ臭』のトラブル解決方法

異臭・悪臭トラブルが原因で入居者の退去に繋がる事もあります。

共同生活では皆が気持ちよく生活していける環境にしなければなりません。

それぞれのトラブルを解決する方法についてレポートしていきます。

 

タバコの悪臭の解決方法

共同生活の中で悪臭を放つ原因は一つではありません。

悪臭の原因の中に『タバコ』があります。

タバコを吸わない人からすると、なんとも耐え難い臭いを発します。

煙には有害物質が含まれている為、吸わない方にも害が及ぶ事になります。

室内に臭いが残ったり、壁紙が黄ばみますので、喫煙者の中には『ベランダ』『換気扇』の前で吸われる方も多いと思います。

ベランダで喫煙した場合の煙は、四方八方に及びます。

換気扇の前で喫煙した場合は、換気ダクトを通って共用廊下やベランダから排気されます。

密閉された廊下である場合、臭いがこもるので、タバコ臭い建物になります。

解決方法としては、『建物内での喫煙を全面的に禁止にする』もしくは、緩和措置として、『臭いの出にくい電子タバコ又は加熱式タバコに限定して許可』とします。

もしくは、オフィスのように、喫煙専用スペースを設ける事です。

契約解除は重度の違反者でもない限り、難しいので、違反者にはそれ相応の罰則を科します。

 

 

ペットの悪臭の解決方法

ペットを飼育すると動物特有の臭いを発します。

タバコとの違いは重度で無い限り、遠くまで臭いが及ばない事と、人体に害が無い事です。

ですが、ペット臭もタバコ臭と同様に壁紙に臭いが残ります。

入居者の方には定期的にトリミングしてもらうか、お風呂に入れてもらえるようにお願い周りをします。

ペット臭でクレームになる場合は、排泄物による物が殆どです。

『排泄物の処理を怠ったり』『共用部分で排泄をさせる』『ベランダで排泄をさせる』等です。

この中でも特に、ベランダでの排泄をしていないか、気を付けて確認しておくことが必要です。

ベランダで排泄をさせる入居者の方は意外と多いのです。

これを許してしまうと、習慣的になってしまいますし、雨水管に毛がつまる原因となります。

ベランダへのペットの侵入を禁止すると良いでしょう。

 

 

ゴミの悪臭の解決方法

日常からゴミを捨てなれない入居者の方もいます。

ゴミを溜め込む人は、必ずしも初めから捨てられない人だったわけではありません。

要因の一つの中に、生活環境があります。

出勤時間が昼過ぎからで、夜遅くまで働いている方もいます。

こういった方からすると、朝早く起きる事はほぼないので、朝一番でゴミを捨てる事が出来ないでしょう。

『24時間ゴミ出しを出来る環境にしてあげる』事で解決します。

専用のゴミ捨て場を設ける事はもちろんですが、イタズラや不法投棄されないように『鍵付きのダストBOX』を設置すると解決します。

それでも解決しない場合は、入居者の方は迷惑をかけている事を分かっていない場合もありますので、異臭クレームが入った時点で、入居者と面談をして、改善策を話し合う必要があります。

面と向かって話し合う事で、穏便に済ますことが出来るようになります。

 

 

今回は建物内における『タバコ』『ペット』『ゴミ』の悪臭問題の解決方法を書かせて頂きました。

きちんと話し合って、改善策を話し合う事で善良な入居者に戻ってくれる事もあります。

不良入居者と断定しないで、入居者の方も大切にすることも賃貸経営には必要な事だと思っています。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。