案内用の『鍵』は現地にキーBOXを設置した方が良い理由

案内用の『鍵』は現地にキーBOXを設置した方が良い理由

案内用の鍵を現地に設置した方が良い理由を解説します。

防犯面を考えて、管理会社やオーナー様が保管するのも良いですが、主に案内をする仲介会社にとっては煩わしさからお客様に紹介しない可能性も出てきます。

もし、イタズラされないか心配であれば、定期的にキーBOXの番号を変更すれば解決します。

 

空部屋の案内は管理会社だけではない

オーナー様の所有する建物に空部屋が出た場合、実際にお客様をご案内するのは管理会社だけではありません。

人気物件であれば、管理会社だけで早期成約に繋がる事もありますが、賃貸物件の供給過多の現状では、『仲介会社』に客付けの協力をお願いする事が一般的です。

 

 

不動産会社によって強みが違う

不動産会社には会社によって強みが違ってきます。

管理会社であれば、建物の管理全般を得意分野としていますが、一般のお客様向けの客付は弱い傾向にあります。

管理会社は主に『オーナー』様とやり取りする事が多く、一般のお客様とあまりやり取りする機会はありません。

仲介会社であれば、普段からお部屋を探している方と接客する機会がとても多いので、お客様が求めているモノを正確に読み取って、最適なお部屋を紹介するノウハウが蓄積されています。

お客様の接客は、何より経験がモノを言いますので、接客する機会が多い仲介会社の方がお客様とお部屋を結びつける力が強い事が言えます。

その反面で、オーナー様とやり取りする機会が少ない事が言えます。

 

 

現地に鍵が無いと紹介しない!?

極端な話、仲介会社は現地に鍵が無いとお客様にお部屋を紹介しない事があります。

どうしてこのような事が起こるのかと言いますと、『余計な手間が増える』からです。

仲介会社としては、『管理会社に鍵を受け取りに行く事』『オーナー様と時間を合わせてお部屋を開けてもらう事』に煩わしさを感じます。

仲介会社の営業マンとしては、お客様にお部屋を紹介して、すぐにご案内、申込を貰いたいものです。

管理しているわけではないので、契約に結び付かないと利益はゼロです。

一環とした流れの中で、スムーズに運ぶことが仲介にとって大事ですので、面倒な事は避けたいのです。

 

 

当日中にご案内出来ない事がある

管理会社が定休日であったり、オーナー様と連絡が取れないかった場合に当日中にご案内出来ない事があります。

参考記事:管理会社が内覧用鍵を保管すると機会損失の可能性

お部屋探しをしているお客様の全てが『予約や問い合わせ』を事前にしてくるわけではありません。

インターネット上で見た情報を基に、『この部屋を見せて欲しい』と急に来店されることが多くあります。

こうなってしまうとオーナー様にとっては大きな機会損失に繋がってしまいます。

 

 

現地にキーBOXを設置する

今では『キーBOX』という番号を入力しなければ中を開けられない便利な物がホームセンターで簡単に手に入ります。

1,000円~2,000円で購入出来ますし、使い回しも出来ます。

何より、ご自身の好きな番号にする事が出来ます。もちろんあとで番号を変更する事も可能となっています。

現地にキーBOXを設置するだけで、仲介会社は率先してお客様にお部屋を紹介する事もあります。

 

 

キーBOXの防犯面の懸念

いくらキーBOXを設置したからといって、1万回位番号をずらしていけば、素人でもいつか開ける事が可能となります。

ですが、1万回も番号を試す方はまずいません。

キーBOXもわかりやすい場所ではなく、人の目につかない場所に設置すれば、何処が空部屋なのか分からなくなります。

もしくは、逆に人の目に付きやすい場所に設置したり、防犯カメラの前に設置する事で、イタズラの防止になります。

 

 

空部屋は早期に解決しなければいけない問題ですので、案内される機会を少なくしてはなりません。

もし、まだ現地にキーBOXを設置していないようであれば、この機会に設置してみて下さい。

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。