ロフト付賃貸物件の良さを伝える方法を解説

2019年3月9日

賃貸物件のロフトのイメージ

単身者向けの繁忙期真っ最中ですので、今回は『ロフト付賃貸物件』の良さを、お部屋探しをしている方への紹介方法を解説していきます。

一昔前であればロフト付きの賃貸物件はとても人気がありましたが、今では敬遠されることも多くなってきました。

リフォームで取り払う事も出来ないので、お客様にどう紹介すれば良いのか考えていきます。

 

ロフト人気減少

一昔前であれば、ロフト付のお部屋はとても人気がありました。

隠れ部屋的に使えるので、初めての一人暮らしをされる方に人気があった時代もあります。

現在では昇り降りの煩わしさの点や夏場の暑さの影響もあって、好んで入居される方は少なくなってきています。

 

ロフトを寝室として利用する

前提としてロフトは建築基準法の規格で居室としては認めらていません。

ですので、寝室としての利用は自己責任となります。

スペースを確保できない単身向けの賃貸では、ロフトを寝室として利用する事で、居室空間を広く使う事が可能となります。

最近出てきたロフト付きの賃貸物件は
『天井も高かったり』
『換気窓を設けている場合』
『コンセントも設置してあったり』
『ハシゴではなく階段』の場合もあります。

最初の設計段階からロフトを寝室として利用する事を前提で設計されている建物が増えてきています。

 

季節物の収納に利用する

ロフトは人目につかない天井部分に位置していますので、季節物の収納に便利です。

生活していく上で、
『普段使う物』
『あまり使わない物』
『滅多に使わない物』
『全く使わない物』がでてきます。

こういった普段使わない物をロフトに収納する事でお部屋を使いやすくすることが可能です。

 

趣味のスペースとして利用する

ロフトは主に木造の建物に多く作られますので、防音面で不安が残ります。

居室でくつろぎたいのに、隣からの音でくつろげない場合は、ロフト部分の壁の厚みを『スタイロ』等で増して上げる事で、音の面の改善が見込めます。

ロフトに防音施行実施済と告知すれば、お部屋を探している方の目にとまる確率が上がるかもしれません。

趣味に没頭する部屋は狭くても、あまり気になりません。

単身向けの賃貸のように、別にお部屋を確保出来ない場合には、このロフトが最適な趣味スペースとすることが出来ます。

 

 

ロフトの暑さを改善する

ロフトの最大の弱点と言っても良いのは暑さです。

冬場は良いですが、夏場のロフトはとても暑く、息苦しくなります。

エアコンの風も冷気は下の方(床)に溜まってしまいますので、天井部分にあるロフトはとても居心地の悪いお部屋になってしまいます。

そんな時は『サーキュレーター』で改善することを教えてあげて下さい。

参考記事:サーキュレーターとエアコンの上手な使い方。

サーキュレーターを使う事で簡単に解決します。

この繁忙期の時期に新しい入居者様を見つける事が出来なかった場合や、夏場に退去連絡があった場合は、オーナー様負担で『サーキュレーターをサービス』してあげても良いでしょう。

サーキュレーターは安い物であれば数千円で購入することが出来ます。

 

今回はロフト付き賃貸物件の良さを伝える方法を紹介しました。

不動産会社営業マンのスキルはバラバラですので、こんな簡単な事も思いつかない人はいっぱいいます。

そんな時は、オーナー様が営業マンにデメリットの打ち消し方を教えてあげることで、早く入居者が決まる可能性もあります。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。