『中型バイクが置ける賃貸物件』適切な駐車スペースとは?

『中型バイクが置ける賃貸物件』適切な駐車スペースとは?

先日『中型バイク』を敷地内に駐車できる賃貸物件をお探しのお客様が来店されました。

バイクとなると駐輪場に停める訳にもいかないので流通数が少ないです。

建物敷地内の駐車場にたくさん空きがある場合は1区画を半分にして貸してみるのはどうでしょうか。

もしかしたら、新たなニーズのお客様を取り入れる事が出来るかもしれません。

 

中型バイク駐車可は数が少ない

原付であれば自転車置場に置いても良いというオーナー様はいらっしゃいますが、『中型バイク』は駐輪場に停めることは出来ないので数がとても少ないです。

毎週流れてくる空室情報の中に『バイク駐輪相談』があれば逐一チェックして、当社のデーターベースに登録するようにしています。

 

駐車スペースを確保する必要がある

車体が大きいのはもちろんのこと、走行後のマフラーは高熱ですので、もし誤って触ってしまった場合にやけどをする恐れがありますし、倒れてしまった場合に大けがをする恐れもあります。

所有者の方からすると『バイクをとても大事』にしている方が多いので、もし傷をつけられたら心が痛みます。

私も以前『スーパースポーツ系の大型バイク』を乗っていたので気持ちは同じだと思います。

中型以上のバイクの場合は専用のスペースを確保してあげることが必要となります。

 

バイク駐車スペースの理想

私の経験から言うバイク駐車スペースの理想は『雨に濡れない』『人の目にあまりつかない』『防犯カメラ』『入居者の邪魔にならない』『舗装された路面』です。一つずつ説明していきます。

①雨に濡れない

基本的にバイクを大事にされている方は『バイクカバー』をしますが、カバーをしない方の場合、バイクのゴム部分や鉄部分が劣化していきます。

雨に濡れない駐車スペースであればバイクカバーをする手間も省けますので喜ばれます。

②人の目にあまりつかない

私が以前に乗っていた大型バイクは新車の軽自動車が買える位の値段でした。バイクと言えども結構な値段がします。

人目にさらされていると盗難のリスクが伴います。エンジンがかからなくても簡単に持って行かれる可能性があるのです。

③防犯カメラ

防犯カメラがあると安心感が違います。

所有者の方にとても喜ばれます。盗難のリスクもそうですがイタズラの防止にも繋がります。

④入居者の邪魔にならない

所有者の方は大きなバイクを所有している所有感もありますが、他の入居者の方に迷惑がかかっていないか気を使います。

それに、大事なバイクが通路上などの導線にありますと傷をつけられたり、倒されたり、火傷をしてしまう恐れがあります。他の入居者に気を使わないで置けるスペースがある事が望ましいでしょう。

⑤舗装された路面

中型以上のバイクは100kg以上あります。重い物になりますと200kgを超えることもあります。基本的に中型以上のバイクは『センタースタンド』ではなく『サイドスタンド』だけで車体のバランスを保持しています。

路面が『砂利』ですと上手く車体を保持する事が出来なくなってしまい、倒してしまうことがあります。『路面はアスファルトやコンクリートが望ましい』と言えます。

 

空いている駐車場を区画割する

近年では自家用車を保有する方が減ってきています。

敷地内の駐車場が空いているようであれば『半分に区画割』をして『屋根を付けてあげて』『路面を舗装』してあげれば、バイクが置ける賃貸物件を探している方に大きな効果が出ると思います。新たなニーズを得られる可能性も出てきます。

 

1階のテラスを利用する

私が以前に住んでいたアパートではベランダ(テラス)にバイクを停めていました。

大事なバイクが目の前にある安心感と他の入居者の方に迷惑がかからない置場として利用出来ましたので即決でお部屋を決めたのを覚えています。

 

今回は中型バイクの駐車スペースについてレポートしました。
バイクが本当に好きな方は自分よりもバイクが大事という方がたくさんおられます。
バイクに乗らない方は『たかがバイク』と思うかもしれませんが、バイク乗りからすると『大事な相棒』なのです。

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。