【騒音トラブル】精神的な問題のパターンの対処方法

共同生活において周りからの騒音はとても不快に感じます。

余りにもひどいと『精神的』に参ってしまいます。

騒音パターンは大きく分けて2パターンあります。

今回はそのうちの一つの『精神的な騒音』についてです。

 

クレーム主の話をよく聞く

精神的な騒音のパターンの場合、90%以上はその人に原因があると言われています。

実際には近隣住戸の方は騒音を発生していないのに、『周りが騒音を発していると思い込んでしまうようです』。

ですので、まず最初に騒音クレームが入ったら、クレーム主の話を良く聞く事が大事になります。

 

 

話に矛盾点が無いか確認する

実務では、クレーム主にお話を聞く事になります。

『発生している時間』
『発生している頻度』
『どのような騒音なのか』
『どの方向から聞こえるのか』

このお話を聞いていく中で、矛盾点がないようであれば、実際に騒音が発生している可能性があります。

もし、矛盾点があるようであれば、いきなり対象者に注意を促す事はしてはいけません。

次に発生した時にはすぐに連絡を頂くようにしています。

 

 

矛盾点や言ってることが不明な場合

クレーム主の話がつじつまの合わない話の場合や言ってることが意味のわからない事があります。

その場合には、クレーム主と日程を調整して、実際にお話を聞きに行くことにします。

会ってみて、顔を合わせてお話をすることで、その方が現在どのような状況なのかわかります。

 

 

本人に精神的に問題がある場合

対面してお話をすることで、ちょっとおかしいと感じたら、『精神的な何かの可能性が高くなります』

精神的におかしくなる理由は様々ありますが、お話をしていくうちに『仕事の事』や『学校の事』『友人関係』等発生原因を特定すること出来る事もあります。

どちらにしろこのまま放置しておくと、他の入居者の方に迷惑がかかる可能性が出てきますので至急対策に講じる必要が出てきます。

 

 

実際に精神的に病んでた人の例

①『壁の中から人がしゃべってくる』

隣に誰も住んでいないお部屋でしたのであり得ない話でした。

②『上の階の人が幽体離脱して覗いてくる』

心霊現象のようなものは確認が出来ません。

③『寝ていると隣の部屋から電磁波をあてられる』

壁で遮られているのでそのような事はないと思われます。

④『あり得ない人物が迫ってくる』

これは『薬』をやっていて幻覚症状がでている可能性か、ストーカーの可能性があるので警察に相談する内容となります。

 

 

住み替えを提案する

一人の精神的に問題のある入居者のせいで、次々と退去連絡が入ることは避けなければなりませんので精神的に病んでる方からの騒音クレームの場合、やんわりと時間をかけて『住替え』の提案をします。

場合によっては、こちらで引越し費用を負担する事もありました。

その後『病院施設』に入られる方もいました。

 

話を聞いていく中で、我々管理会社は騒音の発生場所がわかります。

打撃音や金属音等で音の伝わる方向に決まりがあるからです。

話に矛盾点がないようであれば、全住戸に対して注意分を投函します。

対象住戸に対してのみ注意するのはやってはなりません。

 

※過去参考記事

【子供の足音がうるさいとクレームを受けた時の対策】

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。