『定期借家契約で質の良い入居者を確保する』には入居者にサービスを提供する事が必要!

2019年5月16日

定期借家契約で質の良い入居者を確保するにはサービスを提供する必要有り!

より良い入居者を確保することで、安定した賃貸経営を可能とします。
質の良い入居者を確保する施策として、良くあるのが『定期借家契約(再契約可)』です。

今回は定期借家契約のメリットやデメリットについてレポートします。

定期借家契約はこちらの都合だということを再認識して下さい。
具体的な特典を入居者様に届けることが必要になってきます。

 

まだ広く流通していない定期借家契約

『定期借家契約』とは、契約時に期限を定めることで、期限到来をもって、確定的に契約終了する方法となります。

この定期借家契約はまだ広く流通しているわけではありません。

お部屋を探しているお客様の中には、『長く住めないんだ』という第一印象を与えてしまいます。
元々は分譲マンションの一時貸しに利用されていましたので、その名残が今もなお多く残っていますし、本来の『再契約出来ない定期借家契約』も実際にはあります。

情報が混在しているのでお客様を迷わせてしまいます。

 

 

定期借家契約(再契約可)と明記する

ポータルサイトや自社ホームページ等の募集媒体に、『定期借家契約(再契約可)』としたところで、お客様が再契約できるんだと認識出来るかは定かではありません。

『なんかめんどくさそうだからやめておこう』
『長く住めないだろうからやめておこう』
『再契約だからまた多額の費用が必要になる』と、認識してしまう事が多くあります。

『再契約可と明記』したところで、しっかりと認識してもらえるかわかりません。

 

 

入居者にとってのメリットとは?

この『定期借者契約』はあくまでオーナー様都合です。
入居者様にはメリットがありません。

こちらの都合である以上、普通借家契約にはないメリットを提供する必要があります。

『マナーの良い入居者が集まっている』はよくある文言です。

これだけでは目を引くようなキャッチコピーにはなりません。

 

 

普通借家契約と差別化する必要がある

定期借家契約は普通借家契約と差別化することが必要です。

差別化した際のメリットの例として、『再契約時にプロのクリーニングサービス付!
再契約手数料無料』等をつける事です。

こうすることで、普通借家契約と差別化することが出来ます。

 

 

入居者を確保して終わりというわけではない!

入居者を確保したからといって安心してはなりません。
すぐに退去に繋がれば、またやり直しとなります。
高い広告宣伝費を支払って、ようやく入居者が決まったのなら猶の事です。
賃貸経営はどれだけ長く入居してもらうかが重要です。

長く住んで貰うにはこの定期借家契約が役に立ちます。

 

 

良い入居者は管理するのも楽になる

良い入居者を確保する事で、管理が楽になります。
『夜中に奇声を発生する入居者』
『周りの迷惑を一切考えない入居者』
『共同生活のルールを守らない入居者』
『滞納をする入居者』
『警察ざたになる事件をおこす入居者』

これらを侵す入居者が一人でもいれば、入居者離れに繋がっています。
マナーの良い入居者を確保するのは賃貸管理に必須事項です。

 

 

こちらの都合だという事を改めて認識する

定期借家契約は、あくまで入居者都合ではなく、管理会社やオーナー様の都合であることを再認識する必要があります。

こちらの都合である以上、何らかのサービスを提供する事は当たり前となっています。

今では『借り手市場』となっています。

以前のような『貸してあげる』のような、『貸し手市場』ではありません。
時代の流れに乗り遅れることなく、常に新しい対策をしていく必要があります。

 

 

今回は定期借家契約(再契約可)についてレポートしました。
入居者は色々な方がいます。
借り手市場になってきた今、入居者の方は昔よりも強くでてくるようになってきました。

ネットが発達して、様々な情報を手に入れやすくなってきたのも理由の一つにあると思います。

次回から当社の経験から実際に受けたクレームについて、具体的な事例をレポートしていきます。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。