足りないものを埋めるリフォームは危険!まずは長所を伸ばす事を考えよう

賃貸経営をしていく上で、住宅のリフォームは必要不可欠です。

ですが、『足りない物を埋めるリフォーム』は止めた方がいいでしょう。

もちろん必要最小限で絶対に必要であれば導入を考える必要もあります。

お部屋の長所を活かし、ターゲットを絞り込むことで修繕費の削減が出来ます。

ターゲットを絞りこんだらキャッチコピーを考えて下さい。

 

リフォームは管理会社の言いなりになってはいけない!

空室が長引いてくると管理会社から『ここを○○に変えないと決まりません』

『他のライバル建物は○○があるので、取り入れた方が良い』

『畳は人気がないので、フローリングに変更しましょう』等様々な提案を受けると思います。

もちろんリフォームする事で空室が無くなるのであれば、変更しても良いでしょう。

ですが、本当にそのリフォームが必要なのか考えて下さい。

見違えるお部屋にすれば、それは入居者が決まります。

ですが、何百万円もかけてリフォームする必要は本当にあるのでしょうか?

管理会社からの提案を全て受け入れる前にご自身で良く考えて下さい。

 

 

危険な足りない物を埋めるリフォーム

リフォームで最初にやってはいけない事が『足りない物を埋めるリフォーム』です。

設備は毎年新しい物が出てきますので『イタチごっこ』になります。

導入したお部屋は良いでしょう。他のお部屋はどうしますか?

他のお部屋も必ずいつか空室が出てきます。

また何百万円もかけてリフォームできますか?

大抵のオーナー様は出来ません。またはやりません。

年間の収支を考えて、赤字に陥ることが容易に予測することが出来るからです。

『埋めるリフォーム』はどうしてもという時の最終手段として下さい。

 

 

長所を伸ばすリフォームにする

まずは、お部屋の長所を伸ばすリフォームを考えて下さい。

どの層の入居者をターゲットにしたいのか明確な目標を持つことが大事です。

例えば、ファミリー層をターゲットにしたお部屋の場合です。

子育てのし易いようにリフォームするのであれば、

必ずしも『和室を洋室にリフォームする必要がなくなります』。

和室はクッション性があるので、小さなお子様がいる場合は意外と重宝されます。

1階ではなく2階以上のお部屋になるとなおさらです。

和室をリフォームする前に『玄関』『キッチン』『脱衣所』を重視して下さい。

ご家族になるとその分『靴も多くなります』。

玄関の土間の広さや下駄箱スペースが重要になります。

キッチンは家族分の料理を用意する必要がありますので、

使いやすい導線がとれるようにキッチンを変更します。

脱衣所は小さなお子様がいる場合は家族一緒にお風呂に入る事が多くなりますので、

十分なスペースのとれた脱衣所があると喜ばれます。

 

 

キャッチコピーは何ですか?

ターゲットを絞ったのなら次はキャッチコピーをつけます。

例えばターゲットがファミリーであればどの世帯に入居してもらいたいか考えます。

ファミリーと言っても『夫婦』『夫婦+乳幼児』『夫婦+中学生』によって違ってきます。

『夫婦+乳幼児』であればキャッチコピーは、

『子育てで忙しい奥様の為に導線を徹底的にこだわった使いやすい間取りにしました。』

『お子様が走っても大丈夫なように和室はあえて残してあります。

遊び場所、お昼寝場所としてお遣いください』。

『キッチンからお子様を見れるように、カウンターキッチンに変更しました』等です。

キャッチコピーを設けて、沿ったお部屋にすることで、

内見したお客様は今後の生活スタイルについて想像しやすくなります。

具体的なイメージを持ってもらう事で、入居促進に直結します。

 

 

まとめ

・管理会社の提案を鵜呑みにしてはならない。ご自身でも本当に必要か考える。

・埋めるリフォームは高額になる場合があるので最終判断。

・ターゲットを選定したら、キャッチコピーを考える。

・長所を活かすリフォームを考えて、キャッチコピーに沿ったお部屋にする。

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。

アゾウ不動産販売株式会社では、様々な空室対策情報を提供しております。ご興味を持たれたオーナー様は、お気軽にご相談ください。