収納を増やすとお客様に喜ばれる!玄関周りは第一印象に重要

リフォームはあまり費用を掛けずに行う事が鉄則です。

高額な費用をかけて、設備を一新することも賃貸経営では大事ですが、

お客様が求めていない設備をいれたところでさほど喜ばれません。

今回はお部屋の設備として費用もあまりかからない『収納』と『玄関周り』について書いていきます。

 

あっても困らない設備は収納!

入居者様に喜ばれる設備として、収納を増やす事をおすすめしています。

収納は多くても困らない!逆に無いと困る設備です。

収納がないと、家具を設置しなければならない為、

入居者様に余計な出費と居住空間を圧迫してしまいます。

とはいっても専有部分は限られている為、これ以上収納を増やす余裕がないと、

お考えのオーナー様もいるでしょう。

お部屋には意外と収納を設置できる箇所があります。

 

 

オールマイティーな天吊り収納

部屋の上部に収納を設置することで様々な利点があります。

例えば『普段使わない小物を収納』出来ます。

さらに緊結して耐荷重を上げて、バーを取り付ければ、

長物のコートをかけられる収納となります。

お部屋の上部はデッドスペースになりがちですので、

有効活用することで、お客様に喜ばれます。

見た目にもスタイリッシュになり、お洒落なお部屋に変えることができます。

 

 

扉をとってオープン収納にしてみる

収納に扉はつきものですが、思い切って扉を外してみます。

扉があると圧迫感がありますが、扉を外すと圧迫感が減ります。

また収納の中もきちんと考えて下さい。

収納を開けたら、『シミやカビ』があると期待を大きく下げてしまいます。

収納の中も壁紙を貼ったりすることで、改善できます。

 

 

洗濯機置き場の上部に収納を取り付ける

洗濯機置き場上部に洗剤を置けるような収納を取り付けるのも有効です。

お客様はご自身で実費負担して、『ランドリーラック』を購入する方もいます。

洗濯は日常的に行うものですので、使いやすい導線することで、

ストレスなく家事をこなすことが出来るようになります。

 

 

洗面所にタオル等を置ける隙間収納を設置

洗面所で必ず必要になる物は『タオル』ですね。

衛生的な事を考えて『使い捨てのペーパータオル』を使う人もいます。

このタオルを収納するスペースとして『隙間収納』を設置します。

幅20~30センチほどの収納で十分です。

これがあると『予備の洗剤・入浴剤』や『タオル』を収納することが出来ますので、

有ると無いのとでは大違いです。有るとお客様に大変喜ばれます。

 

 

姿見を設置して玄関周りを工夫する

玄関も少し工夫するとお客様の印象も良くなります。

簡単に出来ることは『姿見』の設置です。

下駄箱扉に鏡が付随している物に下駄箱を変更したり、

量販店で購入した鏡を壁に設置します。

あまりにも細い物や大きい物ですと、逆効果になる場合もあります。

 

 

玄関の段差や広さをニーズに合わせる

玄関の広さや段差をお客様のニーズに合わせることもおすすめです。

今の流行りですと段差を無くす『バリアフリー』が主流になってきています。

ですが必ずしも段差を無くすのが良いとは限りません。

例えば女性の場合ですと、長物のブーツを履く際に座らないと履きにくい事があります。

段差がない場合ですと洋服の関係で座りにくい事もあります。

玄関(土間)の広さも重要になってきます。

狭い場合は色々と不便です。

少なくと半畳程度の土間があると、使いやすくなります。

お部屋に入る時に玄関を必ず通ります。

第一印象が大事ですので玄関周りは特に考えた方が良い場所になります。

 

 

まとめ

・収納は無いと困る!逆に有る分には喜ばれる。お客様の満足度に繋がる設備。

・デッドスペースへの収納設置は非常に費用対効果の高いリフォーム施策。

・日常から使う洗面所に細かな収納はあると重宝する。

・玄関周りにこだわる事で、第一印象が良い方向に変わっていく。

・玄関周りは特に、入居者ターゲットを絞って使いやすい様にリフォームする。

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。

アゾウ不動産販売株式会社では、様々な空室対策情報を提供しております。ご興味を持たれたオーナー様は、お気軽にご相談ください。