賃貸オーナーの皆様は日頃から『大規模修繕の積立』を行っていますか?

日頃から積立をしておかないと、費用が無く修繕出来ない最悪の事態に陥ります。

毎月一定額を修繕費用を『経費として計上』しておけば節税対策に繋がります。

あまり頻繁に工事を行っていると、入居者様のストレスにもなります。

スパンは10年~15年で良いでしょう。

大規模修繕を行う事でリスクの回避にも繋がっていきます。

 

大規模修繕とは?

賃貸経営をしていくにあたって、建物を維持していかなければなりません。

大規模修繕とは建物の主要箇所の修繕となります。

主な修繕箇所は『外壁』『屋根』『バルコニー』になります。

どれも定期的にメンテナンスしていかないと、

雨水の浸水により内部に深刻なダメージを及ぼすことになります。

この他にも経年劣化の著しい設備の交換も含まれます。

例えば、『給湯器』『エアコン』『給水ポンプ』等です。

設備にはそれぞれ『耐用年数』が定められています。

期限が近い物に関しては、

この機会に纏めて新しい物に替えてしまうことで、

工事費用と工期の削減に繋がります。

入居者様にとっても、後で故障して困らせるような事は無くなります。

 

 

大規模修繕は必ずやった方が良い!

アパート・マンションを長期的に保有するのであれば、

大規模修繕は必ず行って下さい。

建物は経年劣化で常に消耗していっています。

主要部分である『内部の骨格を守るには屋根・外壁の防水工事は必須です』。

こういった大規模な工事は日頃から出来るものではありませんので、

計画を立てて行うようにすれば、良い状態の建物を維持する事ができます。

大規模修繕のスパンとしては10年~15年になります。

 

 

費用はどれくらいか?

大規模の修繕の費用は300万~数千万とされています。

建物の規模と行う工事内容によって金額に変化が生じます。

一度工事業者に見積もりをとってもらっておけば、

その後の大規模修繕の目安費用となります。

複数の業者に見積もりを取ることで平均値をとることが出来ます。

一回の工事でどこまでやるのか計画を立てればなお良いでしょう。

前もって見積もりをしておけば、

その時までに必要な費用を積み立てておくことができます。

 

 

大規模修繕をしていないと恐ろしい事に

大規模修繕をしていなかった場合、

オーナー様にはとんでもない損失になる可能性があります。

修繕をしなかったことによる建物の深刻なダメージは『自業自得』ということになりますが、

入居者様が被害に遭われた場合に『損害賠償に発展する恐れがあります』。

加入している保険で賄える部分もあるとは思いますが、

オーナー様には入居者様を保護する責任があります。

必要な修繕をするという管理責任を怠った為に起きた、

入居者への『危険』『損害』については賠償命令がでる可能性があります。

賠償額によっては今までの収支が一気に吹っ飛ぶこともあるので気をつけましょう。

 

 

毎月コツコツと貯めて備えておく

恐ろしい事を書きましたが、修繕を行っていくことでこのリスクは回避出来ます。

賃貸経営はいかに『リスクを回避していくか』も重要な部分です。

きちんと修繕を行っているのであれば、入居者への損害も保険で賄えるでしょう。

もし工事の不手際で起こった場合は工事業者に請求することも可能です。

分譲マンションと違って、この修繕費用は全てオーナー様持ちです。

一回の工事費用がとても高額になる大規模修繕ですが、

毎月コツコツと貯める金額はそれほど多くなくて済みます。

目安としては総賃料の5%~を積み立てておけば良いと思われます。

この修繕の積立費用は経費として計上する事が出来ますので『節税』になります。

収入を上げることばかりに目がいってしまいがちですが、

この節税対策も賃貸経営にはとても重要な部分になります。

収入を上げたところで『税金』でもっていかれてしまう、

または税金を抑えるために支出を増やす等があります。

あとで痛い目に遭わない為にも積立しておくことを強くおすすめします。

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。

アゾウ不動産販売株式会社では、様々な空室対策情報を提供しております。ご興味を持たれたオーナー様は、お気軽にご相談ください。