円滑な賃貸経営にはオーナーの人柄と熱意が必要

2019年4月6日

円滑な賃貸経営にはオーナーの人柄と熱意が必要

円滑な賃貸経営にはオーナー様の人柄と熱意が必須です。

否定ばかりではなく、こちらの提案にのってくれるオーナー様は不動産会社としてとても付き合いやすいです。

フットワークが軽く、オーナー様の方から提案されると、賃貸経営に対する本気度がこちらにも伝わってきます。

そんな頑張るオーナー様を私たち不動産会社は応援しております。

 

オーナー業は人付きあいが多い

賃貸経営をしているオーナー様は人付き合い多くないでしょうか。

例えば、『空室が出た際の不動産会社』『原状回復工事業者』『グレードアップ工事をするリフォーム業者』『設計をする工務店』『オーナー勉強会で知り合ったお仲間』『入居者の方々』等様々な方とお付き合いをされてこられたと思います。

そんな人付き合いの多いオーナー様にとって何より大事なのが『人柄』です。

人間には合う合わないが必ず出てきます。

感覚が合わない方と仕事をしていくのや発注するのは気が引けます。

ご自身の感覚に近い方と付き合っていけば、自ずと賃貸経営も良い方向に向かっていきます。

 

 

感覚が近い人たちは積極的に提案してくれる

オーナー様と接しやすければ、色々な相談事や提案が舞い込んできます。

熱心なオーナー様は、様々な相談を受けることで分からない事であっても、調べて回答してあげたり、誰か知っていそうな方に聞いてあげたりします。

それが積み重なって、知識となり、問題が起きても対応する事が出来るようになります。

相談した方も『○○さんに聞けば、答えてくれるかまた聞こう』という気になります。

こうして『信頼関係』がうまれていきます。

こういったオーナー様は、不動産会社の提案にも耳を傾けてくれます。

不動産会社は空室対策や賃貸経営の無理な提案をすることもあります。

ですが、この提案には良くするためのヒントが隠されています。

不動産会社はオーナー様を試しているのです。

全く話を聞かないようなオーナー様であれば、こういった提案もしなくなります。

無理ではない『良い提案』であってもしなくなってしまいます。

 

 

良い人柄とはいったい何か

良い人柄とはいったい何なのかというと答えは難しくなります。

『頑固で人の話は聞かない方であっても、自分の信念がある』と捉えられますし、『誰にでも良い顔をする方ですと、八方美人』と捉えられる可能性もあります。

自分にあう方たちと付き合っていくのが良い事だと私は考えます。

例えば、評判の良い大手の管理会社に管理をお願いしたとします。

ですが、会社よりもまず大事なのが『担当者』でしょう。

その担当者と話が合わないのであれば、何か問題が起こった時に、不信感になっていきます。

担当者としても、『人柄が良くない』と捉える可能性が出てきます。

大きな会社でも小さな会社でも人があってこその会社になりますので、会社よりも担当者で物事を判断していった方が良いでしょう。

 

 

フットワークの軽いオーナー様は好かれる

好かれるオーナー様の特徴としては『フットワークの軽さ』です。

専任で賃貸経営をしている方ばかりではありませんので、あちこちに出向く時間がある方というわけではありません。

ここでいうフット―ワークとは、『電話をかけたが、折り返しがいつまでもこない』『こちらの提案に対し、ダメの一点張り』『不動産会社に任せっきり』というオーナー様はフットワークが重いという考えです。

ダメなら何がダメなのかを仰って頂いたりする方が、不動産会社としても色々な提案ができます。

賃貸経営といってもやり方は様々あります。

オーナー様がどういう方向性で経営をして行きたいのか明確に伝えて下さい。

ハッキリと言って頂ければこちらも提案のしがいがあります。

 

 

賃貸経営には熱意と情熱が必要

任せっきりで、やる気の伝わってこないオーナー様ですと、こちらのやる気も少なくなってきます。

『ここはこうしたい』『どうしても年間の収支はこれくらい欲しい』『ここの条件は絶対に譲れない』『どうすれば長く入居してもらえるのか』『建物の客観的な改善点を教えて欲しい』といった熱意のあるオーナー様には、こちらも最大限の努力をして、最善な提案を出来るように尽力しようとします。

是非とも、オーナー様の熱意と情熱を管理会社や仲介会社にぶつけて下さい。

きっとその熱意に不動産会社は応えてくれることでしょう。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。