客付会社の要望は重要!耳を傾けてますか?

オーナー様は管理会社又は客付会社の提案を考慮していますか?

普段からお客様と対峙している不動産屋はお客様の『生の声』を聞いています。

特に客付け会社はお客様と接客する機会はとても多いです。

このお客様の必要としている要望に応えていけば自ずと人気物件に繋がります。

 

あれこれ手を出してはいけない

空室対策や賃貸経営をしていくにあたって、

今では『ネット』『書籍』で様々な対策方法を調べることが出来ます。

ですが、全ての情報が全てオーナー様の所有する建物に当てはまる訳ではありません。

この沢山の情報の中から『取捨選択』して最適な対策を行う必要があります。

あれやこれやとちょっとずつ手を出すのではなく、

対策を一本化したほうが効果は出やすいです。

 

 

客付け会社の要望に耳を傾ける

オーナー様の所有する物件を募集している管理会社は遠くにあった場合、

実際に建物とお客様を結びつけるのは『地元の客付会社』が大半です。

お部屋を探しているお客様は事前にネット上で、

住みたい街をある程度絞ってから来店されます。

来店するお店はそのエリアの『地元不動産屋』が圧倒的に多いです。

そんな地元の不動産屋は地域のニーズの変化にとても敏感で、

どういったお部屋が成約に繋がっているか把握しています。

もし、地元の客付け会社から提案があったら耳を傾けて下さい。

 

 

迷ったら管理会社だけではなく客付け会社にも聞く

もし、オーナー様の所有する建物を管理する不動産会社が地元にない場合、

中々成約に至らないのであれば、地元の客付会社に相談してみるのも良い手です。

管理会社に不満が無かったとしても、聞いた方が良いでしょう。

もし管理会社に悪いと思うのであれば、担当者と一緒に話を聞きに行っても良いでしょう。

そうすれば、管理会社との信頼関係も崩れることはありません。

熱心な管理会社の担当者は、直接地元の不動産屋に足を運んで、

最新の動向を聞きに来ています。

客付会社としては、

相場とかけ離れていて管理していない、お部屋を紹介する事はありません。

 

 

似たような物より個性がある物

これだけ世の中に空室になっているお部屋がたくさんある中で、

オーナー様の所有するお部屋を目立させる為には『個性』が必要な事もあります。

あれこれ中途半端な施策をするよりは、

一本筋の通った個性的なお部屋にすることで注目を浴びることがあります。

埋もれてしまって、紹介されない事が一番のリスクでしょう。

 

 

客付会社はニーズのエキスパート!

管理会社は管理のエキスパートです。

ですので、必ずしもお客様を付けるのが得意な訳ではありません。

客付会社は客付けのエキスパートです。

客付会社の営業は『歩合』『ノルマ』が設定されていることが殆どです。

そのノルマを達成する為には、お客様のニーズを正確に把握する力が必要です。

ですので、決まらないお部屋はいくら広告費をかけたからといって決まりません。

売上も大事ですが、それと同じくらい大事なのが『成約率』です。

お客様は無限にいる訳ではありませんので、『成約率』はかなり重要です。

お部屋を早期に決めたいのであれば客付け会社に話を聞くことが、

一番の近道であり、手っ取り早い方法になります。

 

 

メールでも良いので相談してみる

客付会社は毎日営業エリアの空室物件をチェックしています。

オーナー様のお部屋ももちろんチェック済です。

中々決まらないのであれば、ニーズに合致していないという事です。

そんな時は、地元の客付け会社に相談してみます。

オーナー様からの相談であれば、きちんと相談にのってくれます。

直接足を運ぶことが難しいのであれば、

『メール』『電話』で問い合わせするのももちろん良い方法です。

 

 

もし中々成約に繋がらないようであれば、

地元の不動産屋に相談してみてはいかがでしょうか。

成約にならないのは必ず何かしらの理由があります。

その理由を解明するのに客付け会社を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。