近年賃貸住宅を探している方の動向が変化しています。

今回は入居初期費用の際に支払う事が必須条件となっている

『24時間サポート』『害虫駆除』等の付帯費用についてです。

これらの付帯費用は必須ではなく選択式にすることで、

お客様の判断する機会を与えることができます。

もし、募集をお願いしている不動産会社が

オーナー様に相談もせずに付帯費用を請求しているのであれば、

それが原因でお部屋が決まらないのかもしれません。

賃貸物件の『24時間サポート』等の付帯費用を選択式にする

初期費用を抑えたいと考える方が増えている

賃貸住宅へ入居する際に最初に支払う入居初期費用はとても高額です

入居申込をして、清算書を渡した際に顔色が変わるお客様が

結構な数でいらっしゃいます。

礼金は入居者様に返還されない金銭なのは、

広く流通してきていて、礼金0ヶ月の物件が多くなってきています。

それに対して、敷金は退去時のクリーニング費用や

もし滞納した場合に貸主判断で退去時に賃料に充当されたりします。

ここまでは一般的ですが、不動産会社によって、

これにプラスして付帯費用を請求する業者が増えてきています

 

 

様々な付帯費用の例

例えば『24時間サポート』です。

これは『水漏れ』『鍵の紛失』等に24時間対応してくれるサービスです

入居者であれば、万が一の為に加入しておくと便利な場合がありますが、

入居者の方は、この存在を忘れていて、

事故に見舞われた時も、自己で『鍵開け業者』に依頼するケースがあります。

他には、『害虫駆除』です。

入居前に害虫駆除をする付帯費用ですが、

これはすでにクリーニング済の物件であれば、必要ない物です。

もし、どうしても気になるようでしたら、

お客様自身で入居前に『バルサン』をたけば済む話です

24時間サポートは2年間で16,200円

害虫駆除は入居時に16,200円』が相場です。

他にも『書類作成代』『○○会会員費』等の付帯費用を請求するケースが

非常に増えてきています。

 

 

入居者に意向に沿ったものなのか

これらの付帯費用は入居者が希望している物なのでしょうか?

もし希望しているのであれば、

付帯費用を支払い、そのサービスを受ければいいでしょう。

私の経験上、必要とされているお客様はホントに少ないです

様々な付帯費用が必須条件になったせいで、

入居初期費用が高額になり、見送るケースもあります』。

 

 

付帯サービス費用は選択式にするべき

こういった付帯費用が発生するサービスは

お客様の選択式にするべき』だと私は考えます。

こういった付帯費用はオーナー様に送金されない事が多いです。

業者からのキックバック』で不動産会社の利益となるものばかりです

もしオーナー様の許可なくこういった『付帯費用』をかけているようであれば

募集している不動産会社に辞めるように言うと

お客様の目にとまる機会が増える可能性もあります。

お客様は当然、自分が必要とないものに費用をかけたくないはずです。

選択式にすることでこれをお客様の判断で行う事が出来ます。

 

 

シングルタイプの物件は特に初期費用を抑えたい傾向

シングルタイプの単身者向け賃貸物件は

特に『初期費用を抑える』ことが有効です

上京したいと考えている方がお金を貯めて、

内見しにきた時にがっかりさせることを防ぐことが出来ます。

単身者であれば貯金があまりないこともあり、

あまりにも初期費用がかかる場合、

急遽引っ越しが必要になった場合に

引っ越すことが出来なくなってしまいます。

こういったお客様を逃さない為にも、

日頃から管理会社の募集状況について目を光らせましょう。

 

『礼金』『敷金』『『保証料』『火災保険』

『前家賃』『仲介手数料』以外の

費用に関しては、選択式にして、

お客様に判断してもらう事で、

早期成約に繋がる可能性が高くなります。

長期間空室になっているようであれば、

期間限定で『初期費用を定額にする』というのも一つの考えです。

空室のままでは意味がありませんので、

なるべく早く入居してもらえるような施策を考えて下さい。

長く空いているからと言って、

賃料を大幅に下げることはおすすめしていません

 

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社(azakami)

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。