暖房を付けているのにお部屋の中が寒いと感じるのであれば、

『窓周辺』を確認してみて下さい。

この『窓』とは閉まっているか確認するという意味ではありません。

窓が閉まっているのに寒いということは、

温めた空気が逃げていることになります。

入居者様でも簡単に出来る対策についてレポートします。

断熱は窓から!お部屋が寒いと感じたら窓周辺を疑ってみる

熱は窓から逃げる

建物には『断熱材』が使用されています。

断熱材が使用されているのに、お部屋が寒いということは、

どこかから熱が逃げていることになります

この熱が一番逃げやすい箇所が『窓』になります

窓は通常は『ガラス』で出来ています。

この『ガラス』は熱を通しやすい素材なのはご存知だと思います。

熱を通しやすいのであれば逃げやすいということになります。

ならば、この『窓周辺』を対策すれば良い事になります。

 

 

一番簡単に出来るのはカーテン

カーテンの断熱効果

簡単に対策出来るアイテムが『カーテン』です

殆どの方が、カーテンを利用していると思いますが、

この『カーテンの素材によって断熱が変わってきます』

カーテンには、太い糸でしっかりと織られ、重たい物があります。

重たいという事は繊維を多く使用しているので、

断熱も高く、遮音性に優れています。

または『遮光カーテン』という光を通しにくいカーテンもあります。

このカーテンはとても断熱効果が高いですが、

通気性が乏しいので、カーテンを開けないと空気がこもりがちです

 

 

カーテンで重要なのは『丈』『ドレープ』

窓枠を全て覆えるようなカーテンだと断熱効果も高まります

さらには天井からカーテンを吊るす『天付けレール』ですとなお良いです。

逆に『床』に全く届かない『寸足らず』なものは断熱になりません

 

カーテンには折り目があります。

この折り目を『ドレープ』と言いますが、

このドレープの幅が広いと谷間に空気を溜めることが出来、

断熱効果がさらに高まります

 

 

ガラスに遮熱シートを貼る

ホームセンター等でガラスに貼る『遮熱シート』を購入出来ます。

高性能な物になると、窓際の温度を5~6度下げられるものもあります。

しかし、あまり高性能な物ですと、施工するのが大変になる為、

専門業者に頼まないと上手く貼れない事もあります

折角いい物を購入したのに、『気泡だらけ』に

なってしまっては、見た目も悪いですし、

本来の性能を最大限に発揮出来なくなります

簡単に貼れる物としては、『水貼りタイプ』をおすすめします。

初心者でも比較的に綺麗に施工する事が出来ます。

 

 

それでも改善しないのであれば隙間風を疑う

『窓』『カーテン』を対策すれば、殆どの場合は改善されます

もし、それでも改善されないのであれば、

隙間風』を疑います。

いくら効果の高い施工をしても、

隙間が空いているのでは意味がありません

まずは窓枠の掃除をしてみて下さい。

小石』や『埃等のゴミ』がつまっている場合もあります。

これが邪魔をして、隙間が出来てしまっている場合があります。

 

冊子の枠が『木製』の場合は経年劣化でガタつきが生じます

このガタつきから微妙な隙間がうまれてしまいます。

賃貸住宅であれば管理会社に修理をお願いしてみましょう。

アルミ製』の場合はガタつきより、

パッキンが経年劣化で腐食してしまっている場合が高いです

パッキンゴムは『窓を外さなければいけません』ので、

素人では難しいので、専門業者にお願いする事になります。

ですが、少し手の器用な人なら自分で材料をネットで購入し、

施工する事も出来ると思います。

自分でやる場合は、窓の開閉の強さを調整することが

出来る技術が必須となります。

また『ペアガラス』は重量がかなりあるので、

施工の際はは自己責任になりますので、まずは管理会社に確認する事を

おすすめします。

 

 

今回は暖房器具を付けても一向に温まらない場合に疑う箇所、

『窓周辺』についてレポートさせて頂きました。

窓に遮熱シートを貼るのも良いですが、

素人だと意外に難しかったりするので、

まずは『カーテン』を変えてみて下さい。

これだけで劇的に変化する場合があります。

カーテンを変えると気分転換にもなって一石二鳥だと思います。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社(azakami)

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。