入居初期費用の複雑化でお客様が混乱している!?

2019年3月17日

入居初期費用の複雑化でお客様が混乱している!?

内見も済んで、お部屋の申し込みの際に入居初期費用の金額掲示をお願いされるケースが増えてきました。

最近では初期費用の計算が複雑になった為、お客様自身も単純計算で算出が出来なくなってきたからだと思います。

お客様が思っていたよりも高額になるケースがあります。

 

初期費用の計算方法について

お部屋を借りる時の初期費用の算出方法です。

『礼金』『敷金』『前家賃合計』『仲介手数料』がベースです

ここまでは単純計算で暗算でも算出できます。

そこにプラスして、『鍵交換費用』『火災保険』『保証料』の付帯費用がかかります。

鍵交換』は希望しなければ費用がかからない場合もあります。

火災保険』は殆ど物件で必須になり、金額もバラバラで、不動産会社の指定する保険会社になります。

※稀にご自身が加入している保険で賄える場合もあります。

保証料』は連帯保証人を用意出来ればかかりません。

ですが、最近では『保証会社の加入が必須』になっている物件が大変多くなってきました。

必須の場合は『保証人』がいても『保証料が発生します』金額は『月額総賃料の30~100%』になります。

この金額はご契約者の内容で前後する場合があります。

基本的にお客様が保証会社を選ぶことは出来ません。

不動産会社指定の物になります

そしてここからが不動産会社によって付加される費用です。

例を挙げますと、『害虫駆除費用』『除菌費用』『消火剤費用』『○○入会費』『24時間サポート』『事務手数料』等です。

ここで挙げたものは管理している不動産会社によって、かかったり、かからなかったりで、仲介している不動産屋としても初期費用の算出に困る部分です。

 

 

初期費用の不明な部分は最初に確認する

物件によってこのように付加費用が違ってきます。

これらの付加費用は『ポータルサイト』『図面』には記載されてない事もありますので、内見前に確認しておくことで、思ったよりも高額になったという事を避けることができます。

内見の前に知っておけば、二度手間になることはありません。

 

 

不動産会社としては明確な表示をする

お客様が迷わないように、明確な初期費用にする。

宅建業法上、借主と貸主の双方から貰える報酬の合計は、『家賃の1ヶ月分とされています』。

ですので、色々な付加費用を加えて、利益を出しています。

初期費用として絶対に必要な、『礼金』『敷金』『家賃の合計』『仲介手数料』をベースに『保証料』『火災保険』『24時間サポート』『鍵交換費用』以外の項目の出費がある場合は、削れないか、確認してみるのも良いかもしれません。

不動産屋の中には初期費用から削ってくれる業者もいます。

 

 

オーナー様は事務手数料の負担を検討する

こういった付加費用の負担をオーナー様が負担してくれると、『お客様』『不動産屋』双方に喜ばれます

初期費用の減額は空室対策に大きな効力があります

オーナー様にとって大事なのは、いかに『空室期間を少なく』『高い賃料で貸す事』だと思います。

家賃を下げて募集をしてお部屋が決まったとしても、次に空室が出た時は、その下げた家賃で募集する事になります。

そうなると、『資産価値の減少』に繋がりますし、『入居者属性の低下』に繋がっていきます。

初期費用を安く抑える事で、お客様にとっても、『住み替え』がし易くなります。

オーナー様にとってもう一つ大きな利点があります。

不動産会社としては、融通の利くオーナー様の物件を積極的に紹介するようになります

プロである、不動産屋から勧められれば、お客様も興味本位で検討の余地に入ります。

 

 

今回は入居初期費用の複雑化についてレポートしました。

仲介不動産会社としても、管理会社によって、かかってくる金額が違ってきますので、正確な金額を出すには、毎回問い合わせする必要があります。

お客様がお部屋を気に入ってくれているのに、初期費用が高額な為に、候補から外れてしまう事もあります

お客様は当然の事ながら、良く分からない費用に出費はしたくありません。

こういった事態を避けるために、オーナー様に至っては初期費用の負担を検討しては如何でしょうか。

完璧な物件など存在しませんが、デメリットをカバーする力があります。

初期費用が安いとお客様のウケも良く、少々難があったとしても検討してくれることがあります。

 

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社(azakami)

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。