昨日のニュースで企業に就職する外国人が前年比に比べて、

15%増加という報道がされました。

日本に移住する外国人の方はこのように増えていくと考えられます。

賃貸物件のオーナー様にとっては、次の対策が必要になります。

減っていく事が確実な『日本人』より増える『外国人』への対応が

これからの賃貸経営にとって重要になってくると思います。

外国人労働者の増加による賃貸物件への影響とこれからの対策

外国人労働者の増加

政府が来年4月に導入を目指す『新制度』全容が判明しました。

これは、新たな在留資格の『特定技能(仮称)』です。

熟練された技能をもつ外国人労働者には『永住権』を認めます

少子高齢化の影響で深刻な人手不足に対応するために、

外国人労働者の受け入れを拡大していることがあげられます。

 

 

避けては通れなくなる外国人の受け入れ

企業が多い東京では、外国人の労働者が拡大するのであれば、

外国人の比率も増えます。

この新たなマーケットをないがしろにしてはなりません。

日本人に限定してお部屋を貸すことは、

この大きくなるであろうマーケットを逃す事になります。

 

 

日本に永住する外国人は優秀

先に述べましたように、『熟練した技能を持つ』方に、

永住権を認めますので、その道の『エリート』ということです。

国によって『慣習』が違うのは当たり前です

しっかりと最初に『共同生活のルール』を説明すれば、

日本人入居者と同じようにルールを守ってくれるでしょう。

ルールを知らないのであれば、守る事は出来ません。

 

 

府中市は外国人の比率が少ない

外国人専門の保証会社である『GTN』の担当者に話を聞いたところ、

府中市は外国人の入居者が少ないそうです

新宿区の『大久保』は日本人よりも『外国人』の入居者が多いのは

知っていますでしょうか?

府中市には『東京外国語大学』があります。

近隣には、『アメリカンスクール』『国際基督教大学』があります。

こういった影響で府中市の北東地域には外国人の方が多いですが、

府中市の外国人入居者はこの地域にほぼ集中しています

西武多摩川線多磨駅の商店街の小売店の中には、

日常会話や挨拶程度の英語を喋れる方が多くいらっしゃいます。

地域に根付いてきている『外国人』の方を大切にし、

歓迎しているからだといえます。

ところが、都心へのアクセスに便利な京王線近くには、

『外国人入居者向けの賃貸』がほぼありません。

外国人向けの賃貸物件が少ないので、外国人の方が少ないのは当然です。

これは大きな機会損失に繋がっていると考えて良いでしょう。

 

 

外国人入居者が少ない原因とは

外国人入居者の方が少ない原因としては、

外国人労働者が少ない事も大きな要因ですが、

過去に『外国人トラブル』にあったオーナー様が、

入居を拒否している場合が大半です

外国人の方は、日本での慣習をご存じでない方や

お友達を呼び、そのまま住まわさせてしまうといった入居トラブルがあります。

これは、外国人入居者向けの賃貸物件が少ないからとも捉えることが出来ます。

入居出来る物件が他に無いので、そのまま友達が住み続けてしまうというのが

定番の外国人トラブルです。

供給が間に合っていないなら供給すれば、

有効な空室対策にもなり得ます。

 

 

外国人トラブルは管理会社が責任を持つ

これから外国人入居者の方が増えてくると思います。

管理を委託していないオーナー様であっては、

トラブルが起きた時の対処の方法が分からないと思いますので、

難しいと思います。まず言葉の壁にぶつかるかもしれません。

こういった『共同生活のトラブル』も管理会社が

責任をもって対応する時代になってきています。

外国人の方を取り扱う件数も増えてきていて、

不動産管理会社のノウハウも蓄積されてきています。

トラブルを未然に防ぐことはとても大事ですが、

これからの新たなマーケットとして、

この『外国人の入居者マーケット』を逃しては

これから先の事を考えてもとても勿体ないと思います。

空室でお困りの際は、外国人の受け入れを検討してみては如何でしょうか。

外国人入居者の受け入れをする時は、

『管理契約』を不動産会社と結んだ方が良いでしょう

外国の方は、入居出来る物件が少ないので、

お部屋探しをする時に困っておられます。

お友達も多いので、紹介で入居がすぐに決まるメリットもありますし、

遊びに来ていた友人が気にいり、入居者の入替もスムーズに出来ます。

 

 

今回は外国人労働者の増加における、

賃貸物件への影響について書かせて頂きました。

ほぼ確実に『日本人の入居者』は今より減っていきます。

『外国人向け』の賃貸物件へのシフトチェンジを考えてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社(azakami)

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。