ペット飼育時の敷金償却とハウスクリーニング費用

2019年3月7日

ペット飼育時の敷金償却とハウスクリーニング費用について

賃貸物件は退出する時に、借主に『原状回復義務』があります。

この原状回復費用は東京都であれば、入居する時に条例で退出する際の『クリーニング費用』を決めています。

今回はペット飼育していた場合の敷金の償却とクリーニング費用について、双方で勘違いがでる可能性がありますのでレポートします。

 

ペット飼育時の敷金の償却について

ペットを飼育する際、賃貸借契約条件の変更が行われる事が多いです。

通常の敷金にプラスして『敷金を1ヶ月増し』になることが通例ですが、このペットを飼うことによって発生する(以下ペット敷金とします)敷金の意味合いを契約時にちゃんと確認しておきましょう。

例えば、通常契約では敷金1ヶ月の場合であれば、この敷金の中から退去時のハウスクリーニングや日割り家賃を精算した金額が後日、前入居者様の指定した口座に振り込まれます。

ですが、ペット飼育の際は敷金2ヶ月※但し敷金1ヶ月償却とあったとします。

この場合ですと、敷金1ヶ月は丸々返還されない(敷金1ヶ月償却)で残りの1ヶ月からハウスクリーニング費用や日割り家賃を引いた金額が、前入居者様の指定した口座に振り込まれます

 

敷金の償却の意味合いを理解する

『敷金償却』とあれば、返還されないのは理解出来ると思います

ここで重要なのは、

『原状回復費用』は償却される敷金からは支払われない事です

※償却となければ、敷金から精算されることが多いです。

この償却される敷金は礼金としての意味合いが強いです

オーナー様としては、ペットを飼うことによって、建物の損傷の度合いが高くなる可能性があるので、原状回復費用の担保目的や礼金としての意味合いで『償却であれば許可する』という考えをお持ちです。

以上のように、例え短期間であって、臭いも残っておらず、軽度のクリーリングで済んだ場合であっても返還されません。

 

賃貸借契約時に必ず確認する

東京都の物件であれば『紛争防止条例』というものがあります。

これは、契約時に、予め退去する時の費用負担の一般原則について取り決めておいて、トラブルを未然に防ぐというものです。

紛争防止条例にはひな形がありますので、どこも大部分の内容は同じになっています。

ですが『特約』は物件によって違います

賃貸借契約をする際は『特約』の欄について特に注意して確認するようにしましょう。

特約に『賃借人は退去時に敷金〇ヶ月分を償却し、ベットハウスクリーニング費用〇万円負担する。

と書いてあったり、単に、

賃借人は退去時に敷金1ヶ月償却。』と書いてあったりします。

大事なので何度も言いますが、賃貸借契約では、『原状回復が必須です』

特約で『ハウスクリーニング費用はオーナー負担』となっていない限り、賃借人が負担する事となっていますので、退去する時に返還される金銭及び、ハウスクリーニング費用について、契約をする段階で必ず確認するようにして下さい。

 

綺麗に使用していても『クリーニング費用』を払わなければいけないなら、『綺麗に使わなくたっていいや』とは絶対に思わないで下さい。

入居者様には『善管注意義務』が発生します。

簡単に言い換えれば『自己の財産と同等の注意が必要です。』

オーナー様の資産を借りているという意識を常に持ってください。

故意過失による損耗は別途費用を請求されます。

故意とは『わざと』過失は『注意すれば防げた』という意味です。

通常使用を逸脱した際の原状回復費用はかなり高額になります。

程度によっては、『家賃の1年分でも足りない』場合もあります。

 

 

今回はペット飼育時の敷金償却の意味を正しく理解してもらう為に書きました。

契約書の内容によっては、意味合いが違ってきますので、何でも引越して、契約慣れしていたとしても、うやむやに契約はしないで、『特約』の部分はきちんと確認して下さい。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社(azakami)

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。