不動産屋として、必ず、入居者様に退出理由を伺います。

退出時のアンケートをとった時に、

意外と多いのが『トイレのコンセント有り無し』です。

今やトイレにコンセントがないのは死活問題になりつつあります。

新築物件では『温水洗浄便座』が標準仕様の設備になってきています。

築年数が古めの賃貸物件には『コンセント』すらないところもあります。

原状回復工事と一緒に設置工事をしてはいかがでしょう。

トイレにコンセントはありますか?有効な空室対策になります

なぜトイレにコンセントが必要なのか

昔はトイレに電化製品を設置することがありませんでしたが、

今は『温水洗浄便座』という人気設備があります

これは『商業施設』や『公共施設』でも設置数が増えてきています。

このいわゆる『ウォシュレット』ですが、設置する為には、

『コンセント』が必ず必要になります

入居者様の希望で、取り付けたいと思っても、

トイレにコンセントが無い場合は、設置する事が出来ません。

電気工事が必要になりますので、オーナー様の許可が必要になります。

それならば、延長コードを使えば良いと思うかもしれません。

延長コードで電源を引っ張るのは『メーカー』から推奨されていません。

水回りの物になりますので、

『アース』が設置できるタイプのコンセントが望ましいです

 

 

トイレにコンセントを設置する費用

価格相場は2.4~3.2万円です。

仕上げ方法や施工内容によって費用は変わってきます。

原状回復工事と一緒に施行すれば工期を短縮することが出来ます

『コンセント』の設置は電気工事になります

設置工事をする場合は、『温水洗浄便座専用のコンセント』と、

この先、どのような方が入居されるかわかりませんので、

『消臭器』『アロマディフューザー』等を設置できるように、

別に一般のコンセントも設置します

さらには、『居室』『リビング』のコンセントの増設も、

一緒に検討すれば、何ども工事しなくて済むので、費用が抑えられます。

 

 

設置位置にも気を使いましょう

便座の後ろに設置して、見た目を良くする方法もありますが、

メンテナンスや掃除をする際に不便になります。

真後ろですと埃が溜まった際に、掃除をするのが大変です。

設置場所は、便座を正面に見て、

『左側の高さ200~300mmに設置』するのが良いようです

 

 

原状回復工事と一緒にトイレに収納を設置

オーナー様の所有する物件のトイレに収納はありますか?

もし無いようであれば、『扉付の戸棚』の設置をおすすめします

『トイレットペーパー』『掃除洗剤』『人には見られたくない物』を

収納して置くのにとても便利です。

これも『入居者様から実際にリクエスト』がありました

ただの棚ですと、丸見えになってしまいますので、

来客があった際に、見られてしまいます。

収納があることによって、片付きますので、

トイレを清潔に保つ事ができます。

 

今回は意外と入居者様からのリクエストの多い、

『トイレのコンセント』についてレポートしました。

これだけで有効な空室対策になりますので、

検討してみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社(azakami)