最近の建物では洗濯機置き場が『ベランダ』『玄関外』に置かれている物は少ないです。

部屋探しをしているお客様の『絶対条件』の中に

『室内洗濯機置き場』は常に上位にランクインしています。

ですが洗濯機置き場が外だからといって気にしない方もいます。

供給するターゲットを見誤らなければ成約に繋がります。

オーナー様の物件は有効な対策を講じているでしょうか。

洗濯機置き場が外の賃貸マンション

 

洗濯機置き場が外の場合の特徴

特徴としては、近隣相場よりも家賃を安く設定しています

室内は『フルリノベーション』したのに、

『洗濯機置場』はベランダという物件も多くあります。

室内に置いてしまうと、高低を付ける事ができなくて、

仕方なく室外に置かなければいけない等の建物の事情もあります。

近隣相場より家賃を低く設定したのにもかかわらず、

借り手が見つかりにくいというのが通例です。

逆に捉えると、『洗濯機問題』に目をつぶってもらえば、

安く入居出来るお部屋であることが言えます

 

 

デメリットと対策について

室外に洗濯機を設置する事のデメリットと対策について順にあげていきます。

①壊れやすい

雨風に曝されていると、プラスティック部分が劣化します。

元々、洗濯機は屋外使用を想定して作られていない為です。

洗濯機が直接雨風に触れないように囲ってあげることで解決します。

囲ってあげることで、直射日光も防げて、故障のリスクも緩和されます。

オーナー様負担で『スタイリッシュ』な囲いを作って下さい。

 

 

②使う時間に気を遣う

洗濯機を回すと、脱水時に振動とかなりの音がする物があります。

深夜帯に回すと『クレームの元になります』ので厳禁です。

これは入居者様のモラルもあります。

室内であっても、深夜帯に洗濯機を回すものではありません。

深夜や早朝帯以外であれば、回してもらっても構わないはずです。

時間を考えて使用するように通知しましょう。

 

 

③外にでるのがめんどくさい

夏場の暑い時期や冬の寒い時期に外にでるのが面倒な事があります。

外に出るといっても、電源を入れて、洗剤を入れて、スタートするだけです。

ものの数分の事で済んでしまうような事です。

今では洗濯洗剤も改良されて、室内干しでも臭いが残りにくくなりました。

その影響もあって、室内に洗濯物を干す方が増えてきています。

そういう方は別として、

洗濯物はやはり外に干したいという方も多くいらっしゃいます。

そういう方でしたら、洗濯機が外でも気にしないかもしれません。

こういう方をターゲットにした募集対策を考えるべきです。

 

 

④盗難のリスクがある

玄関外に洗濯機を設置している場合は特に注意です。

洗濯槽に汚れ物を溜めこまないようにすれば

洗濯物の盗難のリスクは減ります。

特に女性の入居者の場合は注意が必要です。

洗濯機そのものの盗難に関しては、

防犯カメラを設置する等で対策を講じることができます。

 

 

⑤凍結する恐れがある

これはトラブルにとてもなりやすいです。

水道蛇口を開栓にしたままですと、

冬場の寒い時期に凍結して、破裂する可能性があります

使う時にだけ水道蛇口の開栓をすることでリスクを緩和出来ます。

 

ざっと考えただけでもこれだけあります。

こうなると近隣相場よりも家賃を下げることは必然となりえます。

 

大事なのはターゲットを絞り込むこと

全てのお客様に合う物件はどこにもありません

人間は欲深い生き物ですので、一度満足しても、

物足りなくなって、次を欲します。

全てのお客様を『ターゲット』にするのではなく、

『ターゲットを絞る事』で有効な空室対策になります

立地も良く』『間取りも好み』『見た目も綺麗』、

それに『家賃が相場より安い』となれば、

入居したいと考えるお客様は必ずいます

洗濯機置き場がベランダなのか廊下なのか、

雨を凌げる場所なのか、凌げない場所なのか等、

色々なケースが考えられます。

ケースバイケースで対策する事で、満室稼働する事も当然可能です。

 

『洗濯機置き場が外だから』と諦めないで、

正しいマーケティングを行うように、

不動産屋の担当者と話し合いましょう。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社(azakami)

 

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。