インターネット等で良さそうな物件を見つけたら、実際に部屋の中を見にいきます。

これを『内見』と言いますが、内見は部屋の中だけではなく、

周囲の環境も確認するようしましょう。『五感』を最大限に発揮して、

内見すると、今まで見えてこなかったものに気づくかもしれません。

今回は内見時にチェックするポイントについて説明しています。

あとで後悔しない為にも『内見』はしっかりと行いましょう。

失敗しない為の内見時のチェックポイント

 

一日に見るお部屋の数は3件がベスト

一日にお部屋を見る物件の数は多くても5件までにしましょう。

不動産屋から物件の距離にもよりますが、移動時間も含めて、

1件見るのにおよそ30分~1時間位かかります

同じ家賃帯の物件であれば、部屋の中の設備がさほど変わらなかったりするので、

あまり多くを見すぎると、どれがどの物件だったか判別がつかなくなります

3件であれば、各物件の印象も薄れにくいので、好都合です

お部屋探しに割く日程がなく、その日中に多く見たいのであれば、

すぐに取捨選択するスキルが必要になってきます

判断がすぐに出来る方であれば、それでも構わないかもしれませんが、

不動産屋としてはあまりおすすめしていません。

 

 

内見前に準備しておくこと

自分の譲れない条件を前もって、『来店時』や『問合わせ時』に『不動産屋』に伝えます

そうすることで、多くある不動産物件から選択して物件を紹介してくれます。

大事なのは、案内の最中に『言い忘れた』という事を無くすことです。

前もって『絶対条件』と『できればの条件』はメモを取って起きましょう

次に持っていく家具があるのであれば『家具の寸法』を予め調べておくことです。

そうすることで、内見時に具体的な家具の配置をイメージすることが出来ます

 

 

内見時の必要な持ち物

100円の安い物でも構わないので『メジャー』があると便利です。

色々と図って『図面(間取り)』に書き込んでおきましょう。

あとは『カメラ(スマホ)』『家具の寸法メモ』です。

『図面』『筆記用具』『スリッパ』は不動産屋が用意してくれます。

 

 

内見時のチェックポイント

お部屋の中でチェックしておくポイントを箇条書きで列挙していきます。

全ての人に当てはまるわけではありません。

ご自身のライフスタイルにあっているか確認しながら内見して下さい。

玄関

・『土間』の広さはどれくらいあるか
・靴の多い方は下駄箱に収まるかどうか。
・女性の方であれば、ブーツ等の長物の収納はできるかどうか。

キッチン

・料理をするのであれば、2口以上あるか
・流し台の広さは適当か(まな板をおけるか、洗った物を置けるか)
・冷蔵庫をおくスペースと高さと奥行

洗面所

・洗濯機置き場の広さはどうか、防水パンがあるか
・洗面台はライフスタイルにあっているか

トイレ

・コンセントがあるか(コンセントがないと温水洗浄便座がつけられません)
・ペーパー等を収納が出来るか
・換気窓があるのかどうか

風呂場

・排水口からの臭いはどうか
・浴槽は十分浸かれる広さなのか
・滑りやすい素材か否か
・ユニットバスの場合、便座に座っても扉と干渉しないか

居室

・家具を置いても十分なスペースが確保されているか
・コンセントやTVアンテナの位置の確認
・エアコンは何年製のものか
・室内物干しがあるのか
・具体的な生活イメージを想像する

収納

・収納の広さや中がカビていないか
・収納の扉を開けた時に家具に干渉しないか
・ガタつきがないか
・コート等の長物を収納出来るか

窓・ドア周り

・サッシの動きは悪くないか
・網戸の破れはないか
・外の景色はどうか

バルコニー

・バルコニーは清潔か(鳥の糞等)
・排水路にゴミが溜まっていないか
・雨が降った場合にどれくらい濡れるのか

 

その他の室内チェックポイント

・日当たりはどうか
・スマホの電波はちゃんと入るか
・遮音性は高いかどうか
・部屋の傾きはないか
・照明やエアコンは『設備』なのか『残置物』なのか
・搬入経路が問題ないか
・カビが発生していないか
・各部屋にコンセントはあるか

室内に入った時に『タバコ』『下水』の嫌な臭いがしないか

南向きでも前面の建物の影響で日当りが悪い場合があります

東向きであっても、朝日が入りますので、日中お仕事の方なら好都合。

西向きなら、東向きに比べて、日照時間が長くなっています。

スマホは『wifi』を導入する予定であればあまり関係はありません。

隣室との遮音性は実際に壁をノックしてみて、『空洞』のような音が、

する場合は『鉄筋コンクリート造』であっても遮音性が低い可能性があります

あまり叩くのは近隣の迷惑になりますのでやめましょう。

 

お部屋の外、共用部分のチェックポイント

・自転車置き場はどのような状態になっているか
・ゴミ捨て場は綺麗になっているか
・郵便物が散乱していないか
・通路に入居の物が散乱していないか

共用部分をチェックすることで、『管理会社』の姿勢や

どのような方が住んでいるかおおよその検討がつきます

見落としやすいポイントですのでしっかりとチェックしましょう。

 

周辺環境も忘れずにチェック

買い物はどこで出来るのか確認しておきましょう

自炊はしないからといって、スーパーやコンビニが近くにない物件にすると、

あとで後悔することもあります。

女性であれば、『外灯』のチェックもして下さい。

パチンコ屋や繁華街が近いかで『治安』のチェックも出来ます。

飲食店があるのであれば、臭いが強く出るお店なのかチェックします。

 

 

駅までの所要時間は実際に歩いてみる

普段から電車を利用するのであれば、最寄り駅まで実際に歩いてみましょう

不動産屋の表示は『徒歩1分=80m』です。

『信号』『女性の足』『高齢者』等は考慮していませんので注意して下さい。

実際に歩いてみることで、駅からお部屋までの道に何があるのかと、

どのような雰囲気なのかを確認することが出来ます。

駅は近くても、踏切を渡らないと改札にたどりつけなかったり

エレベーターはなく、『階段』しかない駅である場合や、

歩車分離』されていない場合、は危険性があるかもしれません

歩道が狭い場合は雨が降った時に傘がぶつかってしまうこともあります。

 

 

今回は内見時のチェックポイントについて書かせて頂きました。

前もって準備しておくことで失敗の少ないお部屋を選ぶことが出来ます。

『夜間』『設備』『治安』等わからないことがある場合は、

不動産屋の担当営業マンに聞いてみて下さい。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社(azakami)

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。