ファミリータイプのマンション物件の中に『中和室』というものがある間取りがあります。

貴方のご自宅にリビングの横に『和室』がありませんか?

リビングに隣接しているので、使い方が少し難しいと思います。

今回はこのお部屋の有効活用について、考えてみたいと思います。

中和室の有効利用について考えてみよう

マンションにおける『中和室』とは

貴方のご自宅にはリビングの横に和室はございますか?

この『中和室』はファミリー向けの2LDK以上の物件に多く見受けられます。

お客様をご案内していると、使い方に困ってるという方が結構いらっしゃいます。

実はこの『中和室』は居室ではありません

建築基準法では、居室には『採光の為に床面積の1/7の窓が必要』とされています

正式にはこの『中和室』は居室として認められていない為、

納戸』や『サービスルーム』としての扱いになります

窓が無いので、換気や採光を取り入れることが出来ない為、

照明器具がないとお部屋は暗くなってしまいます。

また、共用通路等に面していないので、『エアコン』を設置するのが難しくなっています

そんな『中和室』の使い道について様々なパターンを紹介します。

 

 

子供の遊び場にする

お子様が多い家庭では『子供の遊び場』にすることが多いようです

リビングに隣接していますので、キッチンからも目が届きます。

和室は素材の柔らかな『』を使用していますので、

ケガをしにくくもなっています。

ですがそのまま子供の遊び場として使用すると『畳が傷んだり』『掃除が大変』ですので、

畳の上にクッションタイルを敷いて、利用している方も多くいらっしゃいます。

イ草を使用した、和室の香りは独特の『癒し効果』もありますので、

お昼寝するにも好都合となっています。

 

 

趣味部屋として利用する

趣味部屋としての利用もお勧めします。

この場合の利用であれば、『和室』にこだわった家具を用意する必要もありません

閉め切ってしまえば、採光の為の窓がないので、壁に家具等を設置しやすいです。

もし『ホビースペース』や『書斎』が欲しい場合は、

限られた『居室』をつぶしてしまうよりも、うってつけだと思います。

 

 

丸ごと収納部屋として利用する

各部屋の居室にクローゼットがある場合でも、収納が足りなくなることもあると思います。

クローゼット』や『押入』がいっぱいになると、

居室に収納家具を設置する必要があります。

居室が広ければ良いのですが、そんな都合の良いお部屋ばかりではありません。

そういう時は、思い切って『中和室』を収納部屋にしてみてはいかがでしょうか

4.5帖~6帖分が丸々収納スペースになりますので、お部屋も片付くと思います

 

 

来客用の寝室や接待スペースとして利用する

親族や友人が遊びに来た時に『泊まれるお部屋』として利用するのも良いでしょう

無駄な物を配置しないでおけば、急な来客があった時でも対応できます。

または、『座卓』を用意して、団らんスペースにしたり、

ソファーを配置して応接スペースとして利用も可能です。

 

 

『中和室』を居室として利用する

どうしても居室として利用したい場合を考えてみます。

この場合の良くある悩みが『部屋に合う家具が中々ない』ということです。

リビングは主な居所ですので、あまりダサいお部屋にすると、

横目で視界に入ってしまいます。

それを防ぐ為に、『中和室』には極力、家具を設置しないようにしましょう。

スッキリとしたお部屋にしておくことで、リビングの視界も広くなりますし、

何より、『圧迫感』が無くなります。

どうしても、家具を設置したい場合は、『木製の家具』に

統一することで、コーディネートの難易度が下がります。

もしくは、『ウッドカーペット』を敷き、リビングと統一させ、

家具の選択肢を増やすことも可能です。

 

 

今回は『中和室』の様々な利用方法についてレポートさせて頂きました。

お客様のニーズにあった利用方法をすることで、

便利なお部屋として利用することが出来ます。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社(azakami)

 

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。