共同住宅にお住いの方はご自宅が綺麗に保たれていた方がいいはずです。

汚い方がいいという方は少ないと思います。

共用部分が清潔でないと、入居している方の意識も薄まってきます。

共用部が汚れてくると管理会社にクレームが入ります。

今回はオーナー様もしくは管理組合から管理を依頼されている不動産会社が行う清掃についてレポートします。

管理会社が行う清掃は分けることができ、出来る清掃には限度があります。

そこのところを意識して頂ければと思います。

 

建物の清掃は誰が誰の為にやっているのか

基本的には共用部の清掃』は管理会社が行うものとされています

管理会社が直接行うものや管理会社から外注で、クリーニング業者にお願いする場合があります。

または、オーナー様がご自身で行う場合や管理組合が行う場合等多岐に渡ります。

誰の為にやっているのかというと、『居住関係者等全ての人の為です』。

『居住者』はもちろん、『来客される方』や『オーナー様の資産の維持』等関係者全てです

 

 

管理会社が行う清掃は一つではない

清掃といっても一つではなく、『3つに分けることができます』。

①『日常清掃』②『定期清掃』③『特別清掃』順に説明します。

『日常清掃』とは、『エントランス』『廊下・通路』『階段』等、日常的に使われる共有部分の清掃です

利用頻度が高い場所ですので、常に清掃をして清潔に保つ必要があります。

特にゴミ集積所は汚れやすいので重点的に清掃を行なう場所になっています。

駐車場や自転車置き場などの清掃も日常清掃に含まれます。

掃き掃除をメインで行います。その際に建物に損傷がないかチェックします。

 

『定期清掃』とは、『床』『壁』等の溜まった汚れをクリーニングする清掃です

一般的には専門のスタッフに依頼して行います。商業ビルの場合は窓ガラスの清掃も含まれています。

高圧洗浄機』等のクリーニング専門の機械を使用する場合もあります

『定期清掃の周期』は1週間に一度であったり1ヶ月に一度であったりと特に定めはありません。

予め取り決めておいた周期で清掃を行います。1ヶ月あたりの定期清掃作業が増えるほど、金額が高くなります

 

『特別清掃』とは日常清掃や定期清掃で取り除けない部分の汚れは特別清掃で対応します

『屋上』等の普段行わない部分の清掃を前もって、プロのクリーニング業者に見積りをとり重点的に行います。

 

 

クリーニング費用はどこから支払われているのか

クリーニング費用は『居住者の管理費(共益費)』から支払われています

毎月管理費を支払っているのに、清掃されていない時は管理会社を注意しましょう。

再三に渡り注意をしているのに、清掃を行わない場合は『管理費の支払いを拒絶』することができます。

マンションの管理維持に支払っているお金ですので、場合によっては返還請求をできる可能性もあります。

 

 

居住者が日頃から意識しておく

管理費について述べましたが、『清掃にも限度』があります。

入居者の皆様がゴミ出しのルールや共用部へのポイ捨てをしない等ちょっとした事も、

共同生活をしていく上で必要な事です。

清潔さを保っていれば、汚そうとする意識も無くなります。

日頃からそこで生活している方々の努力が一番大事です。

 

 

バルコニーの清掃はどうする?

先日、当社が管理している建物の入居者様から以下のような連絡がありました。

バルコニーにセミの死骸があるから片付けて欲しい。管理費を払ってるんだから早くやって欲しい』との事です。

この時期は共用部のあちらこちらでセミの死骸があります。

バルコニーは共用部』ですので管理会社が清掃するのは間違っていません。

たまたま、手が空いており、お困りの用でしたので、スタッフが出動しました。

セミはひっくり返っていても、気絶しているだけで死んでいない場合もあります。

とりあえずほうきで突っついてみて確認します。死骸でしたので、片付けました。

というやりとりがありましたが、手が空いていない時もあります。

水漏れ等急を要する案件が入る場合もあります。

こんな事を言うと色々な方からお叱りを受けるかもしれませんが、

バルコニーの清掃については『なるべく入居者の方にやってもらいたい』というのが正直な思いです。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。