お部屋探しをされているから、『敷金』と『保証金』の違いはなんですか?と聞かれます。

不動産屋としても、白と黒のような決定的な違いがないので、答えに困る事もあります。

関東と関西で敷金の呼び名が違うだけと答える不動産屋もいると思います。

意味合いとしてはほぼ同義なのですが、『敷金』『保証金』と言葉が別々にあるので少し意味が違います。

今回は『敷金』と『保証金』の違いについてレポートします。

敷金と保証金の違い

関東と関西で呼び方が違う

私は関西地方でお部屋探しをした経験がないので知りませんしたが、

『敷金』と『保証金』は地域によって呼び方が違うようです

違う呼び方をしているだけで意味合いはほぼ一緒。ここが紛らわしくしているポイントになります。

一般的には『関東地方では敷金』、『関西地方では保証金』と呼ばれています。

以前から『敷金』についてはっきりとした定義はありませんでした。

平成29年5月26日に可決成立し、交付された法律の中で、敷金の定義や敷金の返還について明文化されました

第四款「敷金」の第六百二十二条の二
「賃貸人は、敷金(いかなる名目によるかを問わず、賃料債務その他の賃貸借に基づいて生ずる
賃借人の賃貸人に対する金銭の給付を目的とする債務を担保する目的で、
賃借人が賃貸人に交付する金銭をいう。以下この条において同じ。)を受け取っている場合において、
次に掲げるときは、賃借人に対し、
その受け取った敷金の額から賃貸借に基づいて生じた賃借人の賃貸人に対する金銭の給付を目的とする債務の額を控除した残額を返還しなければならない。

 

どういうことか次で説明していきます。

 

敷金とは何か?

つまり、敷金は借主が貸主に預けておく金銭のことです。

賃貸借契約書の中に、敷金預かり書というものが添付され、金額によって印紙が貼られるのはその為です。

貸主、又は管理会社が責任をもって敷金を預かっていますという証明です。

また、いかなる名目によるかを問わずとありますので、

関西地方で『保証金』と呼ばれているものであっても、貸主に預けるものであれば『敷金』ということになります。

 

敷金と保証金では返還方法に違いがある

『敷金』の場合は預かった金額から未払いの家賃、原状回復の費用を差し引いて残額を返還する

『保証金』の場合は『敷引き』という方法で清算する

この金額の内、家賃の何か月分あるいは何パーセントなどあらかじめ定めた金額を無条件で差し引く性質のもの。

つまり、契約時に『敷金1ヶ月』とあれば退去時にその金額からクリーニング代等を差し引いた金額返還される。

対して、契約時に『敷引き1ヶ月』とあれば退去時に一切返還されないということになる。

※東京都に関していえば、『紛争防止条例』というものがあり、

入居者に故意過失がなく通常使用における場合、借主は契約時に決めたクリーニング費用の金額を負担すればいいものとされています

これは退去する時に揉めない為にとの東京都の条例です。ですので、入居する前に室内の写真をとり、最初から傷等があったことを、

証拠として残しておかないと、退去時に請求されることがあります。証拠があれば請求されません

 

契約時に保証金が償却される

最近よくあるケースで、契約時に『保証金償却』というケースが見受けられます。

これは、関西地方では礼金を頂かないケースが多いようで、この『保証金』から『礼金』を頂いているという事になります。

かなりグレーな意味合いになりますが、貸主に預けるものではないので、『敷金=保証金』のケースにはなりません

『礼金=保証金(契約時償却)』ということです

お部屋を探している際に『敷金ではなく、保証金』という名目があった場合に、

その保証金がどのような扱いになるか注意して下さい

礼金・敷金0ヶ月であっても、保証金1ヶ月とあれば、場合によっては『礼金1ヶ月と同義』ということになるやもしれません。

そうなると、入居時または退去時に別途クリーニング費用が必要になります

 

☆今回のポイント

①敷金や保証金等呼び方が違っても、貸主に預けるものであれば敷金となる。

②敷金とは、退去時にクリーニング費用等を引いた金額が借主に返還される。※故意過失があった場合は別。

③敷引きとは、いくら綺麗に使用していても、契約時に決めた敷引きの金額が償却され、退去時に返還されない。

④保証金が契約時に償却される場合は礼金としての扱いとほぼ同義。クリーニング費用が別途必要になるケースもある。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。