賃貸住宅のお部屋を借りる時に、必ず入居審査というものを受けなければいけません。

この入居審査とはどのような審査を行っているのか説明していきたいと思います。

管理会社によって入居審査の方法は独自の審査基準があったりしますので、あくまで一例での紹介となります。

入居審査は保証人の場合と保証会社を利用する場合とで少し違ってきます。

入居審査の基準とは

入居審査はなぜ必要なのか

入居審査の基準を説明する前に、なぜ部屋を借りる時に審査が必要なのか説明していきます。

多くの人は月の出費の中の『光熱費』、『食費』、『通信費』より、家賃』の支払いが大部分をしめています。

毎月の家賃を支払う能力がない人を、入居させてしまった場合、

家賃を払えなくなってしまい、滞納してしまう恐れがあるので『入居審査』が必ず必要になってきます

 

共同生活を守れるかがとても重要になってくる

家賃をしっかり払える資力があった場合でも、『賃貸住宅は共同生活』になりますので、

共同生活のルールを守れないような人も入居審査ではじかなければ、既に入居している方々の迷惑になってしまいます

入居していない段階で、トラブルを起こす人なのかを見抜くのはとても難しいですが、

長く会社勤めしている方は、共同生活においてもルールを守ってくれるだろうという認識であったり、

始めてお部屋を借りる方であっても、保証人様が『公務員』のような方であれば、

お子様もしっかりしているだろうと認識出来たりします。

ご案内を担当した営業マンは、様々な方を接客・案内していますので、

経験からトラブルを起こしそうな人がわかったりもします。

オーナー様の殆どは、入居前に入居希望者と対面することが無い為、

審査時にどんな人なのか細かく聞いてきますので、営業は全てに答えられるように、

接客の段階から注意深く観察しているものです。

 

保証会社の入居審査の基準について

オーナー様の中には、『保証会社の審査』を通過出来るのであれば、職業や人柄を気にしない方もおられます。

まず、保証会社の審査基準についてですが、様々な保証会社がありますので、『これが基準だ!』ということは述べられません。

保証会社の多くは『毎月の収入』と『過去の事故』で審査している場合が多いと思います。

家賃は毎月の様々な出費を勘案して、収入の30%位が負担も少なくバランスが良いとされています。

ですが、家賃が収入の50%の場合でも審査に通過することもありますので一概には言えません。

次に『過去の事故』ですが、これは交通事故のようなものではなく、『代位弁済』や『破産』等の事故の事です。

家賃の支払いが数日遅れた場合では、信用保証機関の履歴には残りませんが、

『破産』や『カード払いの遅延』の場合は履歴に残る場合があります。

保証会社にも種類があって、全ての会社が信用保証機関の履歴を見る事ができるわけではありません

ですのでA社で落ちた場合でもB社では通過したという場合も当然にあります。

 

保証会社の審査の流れ

保証会社を使う場合の審査の流れは以下の通り。

①保証会社指定の申込書に記入。

②身分証明書(免許証・健康保険証)のコピー預り、状況に応じて収入証明書(仕事している方は必要ない場合が殆ど)。

③緊急連絡先は絶対に必要なので記入。(保証人ではない)

④不備が無ければ1~3日で審査結果。

⑤契約時に住民票と印鑑。

 

保証人の場合の審査基準について

保証会社を使わないで、保証人のみでの審査についてです。

この場合は、入居者様の『収入』『住み替え理由』『勤続年数』や保証人様の『収入』『勤続年数』『関係』等、

詳細の情報が必要になります。特に『住み替え理由』は過去の状況を確認するヒントになりますので細かく聞かれる事もあります。

同地域で住み替えの場合、現住所の不動産を特定出来ますので、管理会社へどのような人なのか確認したりもします。

不動産屋は横の繋がりが広いと言われるのは、こういったところに出てきます。

そして家賃は収入の30%前後でないと審査は通過しにくいです。

※見たいお部屋が決まっていても、案内の前に収入がわかっていれば、別の物件を紹介されることもありえます。

保証人様は原則的に『三親等以内の親族』及び『申込者と同等もしくはそれ以上の収入が必要になります』。

友達や会社の上司が保証人になることは原則的に出来ません。血が繋がっていないので、信用が薄いからです

 

保証人の場合の審査の流れ

保証人の場合の審査の流れは以下の通り。

①不動産屋指定の申込書に記入。

②身分証明書(免許証・健康保険証)コピー預り。

③オーナー様と管理会社で家賃がしっかり払え、ルールを守れるか厳密に審査。

④勤務先へ在籍確認。保証人様に保証人の意思確認。

⑤契約時に、入居者様の住民票、収入証明(源泉徴収票、給与明細等)印鑑。

保証人様の印鑑証明証、保証人承諾書に実印で捺印。場合によっては収入証明。

 

必要な書類も変わってくる

保証人の場合と保証会社の場合とでは、審査の流れと必要書類に違いがでてきます。

保証人をお願い出来る人がいない場合は、保証会社への加入は必須になっています

保証人も保証会社も利用しない方法は基本的に出来ません。

最近では審査スピードや業務の効率化を求めて保証会社への加入が必須条件になっている物件が多くなってきました。

参考:賃貸物件の入居に保証会社が必須になってきている

 

以上が入居審査の基準になります。

入居審査では家賃が払えるのは当たり前として、共同生活のルールを守れるかが重要になってきます。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。