今回は住宅の設備の一つであるペアガラスとはどんなものか簡単に説明していこうと思います。

築年数の新しい建物のガラスにはこの『ペアガラス』を標準仕様とする建物が増えてきています。

普通の一枚のガラス(単層ガラス)からペアガラス(複層ガラス)になったことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

防音面、結露、節電に高い効果が期待できる窓になっています。

入居した部屋が何だか寒いと感じたらガラスが原因かもしれません。

ガラスに結露のイメージ

ペアガラス(複層ガラス)とは?

お部屋探しをしているお客様は『ペアガラス』優先で探している方はあまりいないと思います。

そんなまだまだマイナーな設備の『ペアガラス』にはメリットが多くあります。

まずは結露がしにくい

1枚ガラス(単層ガラス)の場合は外気と内気を一枚のガラスで隔てている為、温度差の変化が大きいです。

結露する主な原因は内気温と外気温の差(湿度含む)で発生します

例えば、南向きで日当りが良い部屋の窓には結露が発生していないのに、

北側の部屋の窓に結露が発生し、ひどい場合にはカビが発生します。

ペアガラス』は二枚のガラス(複層ガラス)ですので、

外気に触れるガラスと内気に触れるガラスがくっついていません。

中間層は空気やガス、真空状態になっていますので、熱の移動を遮断しているのも大きな影響です

ペアガラスは結露が発生しにくいガラス窓となっています

また、くっ付いていないので暖房の効果が外に逃げにくいので、大きな節電効果にも繋がります

夏は涼しく、冬は暖かいという理想のお部屋になります。

複層ガラスですので単純に考えても、二枚のガラスですので、防音面にも期待できます。

真空ガラスであれば音は伝播しないのでさらに防音面に期待が出来ます。

 

ペアガラスにも種類がある

ペアガラスにも種類があり、普通の空気が間にあるもの、アルゴンガスのもの、真空ガラスのものがあります

空気<アルゴンガス<真空の順にグレードが高くなっています。

賃貸住宅ではあまりないですが、稀にLow-Eガラスというものがあります。

こちらのガラスはより高い断熱効果を発揮できるガラスになりますので、

内見時にチェックしてみるのも良いと思います。

Low-Eガラスは有害な紫外線もカットしてくれます。

弱点としては、遮熱に強い影響から、冬の日差しを遮ってしまう可能性があります。

ですので、大手ハウスメーカーであれば北側の窓に採用されていることが多いです。

 

ペアガラスは結露に強い

ペアガラスは結露しにくいと申し上げましたが、必ずしも結露しないというわけではありません。

結露を軽減出来るといことです

とは言っても結露を抑えることは出来ますので、

単層ガラスの結露で困っていた方は、複層ガラスの物件に注目してお部屋を探すのもいいと思います。

複層ガラスの物件では、人体や家具に影響を及ぼすダニやカビの発生を抑止出来ます。

 

今回のポイント

①結露の発生を抑止できる。結露する可能性はある。

②複層ガラスであるので、単層ガラスに比べて防音面でも期待できる。

③断熱効果が高いので、節電の期待が出来る。

④グレードの高い物だと紫外線もカットしてくれる。

⑤単層ガラスに比べるとペアガラスは高価。

簡単ではありますが、ペアガラスについて説明させて頂きました。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。