連日の猛暑でご自宅のエアコンはフル回転かと思います。

そんなエアコンの効率を上げて、最大限に活用してみようということで、

いろいろなチェックポイントを上げてみました。

上手に使えば、節電にも繋がります。知らなかった方は試してみて下さい。

住宅におけるエアコンのイメージです

サーキュレーター併用で空気を循環

エアコンを使用する時は、『サーキュレーター』との同時使用をおすすめします。

空気を循環させることで、部屋全体を適温にすることが出来るようになります

『サーキュレーター』と似ている『扇風機』では効果は薄れます。

扇風機は空気を循環させる目的で作られていないため、風が遠くまで届きません。

その点、サーキュレーターは空気を循環させる目的で作られている為、風が遠くまで届きます

今では『立体首振りのサーキュレーター』も安価で手に入ります。

動きが面白いので、見ているだけで最初は面白かったりします。

子供なんかはずっと見ていますね。

 

サーキュレーターの設置位置

サーキュレーターを実際使うのであれば設置する場所にも気を付けます。

冷房時、暖房時で設置する場所は異なります。

基本的にはエアコンの風が当たるとこに設置します。

サーキュレーターの風は部屋の天井の中心に向かって設置すると部屋全体の空気を循環出来るそうです

エアコンに向かってサーキュレーターの風を当てるのは正しい使い方ではありません。

エアコンのセンサーが正常に働かない可能性があります。

 

エアコンの風向きの調整

エアコンの風向きにも注意して下さい。

冷房時は床に対して平行に。冷気は下に溜まります

逆に暖房時は床に対して垂直に設定しましょう。暖気は上に溜まります

お風呂に入った時に、追焚をしたことがある方なら良く分かると思います。

 

エアコンの細目な入切はやめる

細目にエアコンを切ることで、節電に繋がると思いますが、実は逆効果です。

エアコンは、運転を開始する時に多くの電気を使用します

細目に運転を入切するよりは、温度設定で調整したほうが節電になります。

 

遮光カーテンやすだれの利用

厚手のカーテンやすだれを利用して、日差しを遮ることにより、エアコンの効率が上がります

夏場の外出時は、カーテンを閉めておくだけでも効果的です。

当たり前の事ですが、窓やドアはキチンと閉めましょう。

家に帰ってきて、部屋の温度の方が暑いと感じたら、一度窓を全て開けて換気をして、

暖気を外に逃がしてから、エアコンを付けると良いかもしれません。

 

室外機のそばに物を置かない

室外機の吹き出し口に物を置いてしまうと、冷暖房効率が下がります。

また、冷房時は室外機に日よけ等をして直射日光を避けることで効率が上がります。

 

室内機のフィルターはこまめに掃除

室内機のフィルターにホコリが溜まって目詰まりすると、

空気の流れが悪くなり冷暖房効率が悪くなります。

2週間に一度は掃除をするようにしましょう。

フィルターではなく、エアコンの内部クリーニングはしない方が良いです。

今では、ホームセンター等でお手軽な値段で洗浄スプレー等を購入することが出来ますが、

メーカー推奨方法ではありません。水漏れや発煙・発火の原因になります。

内部クリーニングはプロの業者さんにお願いするようにしましょう。

 

以上がエアコンの上手な使い方になります。

知っていて、既に実践している方も多くいると思いますが、

知らなかった方は是非試してみて下さい。

サーキュレーターがあるとエアコンの風が当たらない場所でも、快適な温度を保つ事ができます

弊社のオフィスは変形した間取りをしているので、サーキュレーターが大活躍しています。

今ではエアコンの性能が上がり、温度から自動で風向きを変えたり、人を感知してくれるものもあります。

これからエアコンを設置する方は、部屋の畳数丁度のものより、

少し大きい物を設置した方が電気効率も良いようです。参考にして頂ければと思います。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。