今回は賃貸住宅の残置物の対応についてレポートしたいと思います。

残置物とは何なのか、設備とはどう違うのか。

残置物があることは、入居者様にとって喜ばれる事なのかどうか、

オーナー様は真剣に残置物への対応について考える必要があると思います。

入居者様と良好な関係を築くことが、良い賃貸経営に繋がります。

賃貸住宅の残置物のイメージ

賃貸住宅における残置物とは?

賃貸借契約をした事がある方なら知っていると思いますが、

契約書を取り交わす前に35条書面、通称:重要事項説明というものを

説明する義務が宅建業者(不動産屋)にはあります。

その説明の中で設備についての説明があります。読み進めていくと、

エアコン⇒残置物、照明⇒残置物なる記述の物がたまにあります。

結論から言いますと、この残置物とは、設備ではないということになります

前の入居者さんがエアコン等を取付て、

引越し先で使わなく、不要なので、外さないで残していった物が残置物になります。

この残置物は入居者様にとってありがたいですか?

続いて設備の説明です。

 

賃貸住宅における設備とは?

設備とは、故障した場合に貸主(オーナー)負担で直してもらえるものになります

故意・過失があった場合には借主負担になる時もありますので絶対ではありません。

エアコンや給湯器は竣工してまもない時(築年数が新しい)には、設備のものが大半です。

新築時には設備であったのに、築年数が経つにつれて、残置物扱いになっていく場合がありますが、

これはどうして起こるのでしょうか。

どうして、そのまま設備としておかないのでしょうか。

 

使ってもいいが、修理はしない

残置物は、設備ではないので、壊れたり、故障した場合は、

貸主負担で修理はしないが、自己責任のうえ、使用しても良いですよ

というオーナー様からのメッセージになります。

ですので、もし故障した場合は借主自身で直してくださいということになります・・・・・。

入居者の皆様的にはこれって無責任じゃないか!と思う方もいらっしゃると思います。

築年数が経つにつれて、建物の修繕費用がかさむので、少しでも安く抑えたいというオーナー様のお気持ちはわかります。

ですが、入居者様の事を考えると、主要なエアコン等は『残置物』にしないほうが良いです

 

入居者様へのサービス向上を第一に考える

前入居者がそのまま置いていくのであれば、次の入居者様の為にも設備にしておくべきでしょう。

古い物であれば、退去する際に責任もって外して頂きましょう。

いくら契約書で前もって説明したとしても、何年も前の話であれば、入居者様も覚えていないかもしれません。

覚えてなくても、契約書を見直せばいいという話になりますが、

契約書に明記されていてもクレームになる場合があります。

私は残置物=不要な物と考えます

例えば、他の物件ではエアコンや給湯器が全て設備の場合と、

給湯器は設備でエアコンは残置物の場合、入居者様はどちらを選ぶと思いますか?

故障した場合の修理が無料なのと、有料な場合どちらが入居者様に感謝されますか?

答えは明白で、設備にした場合になります。

 

長く住んで貰うことが大事

賃貸経営をしていくにあたって、入居者様に出来るだけ長く住んでもらう事が重要になります

不平不満は出来るだけ起こさせないようにし、トラブルは未然に防ぐことで、入居者様と良好な関係が築けます。

オーナー様の所有している物件の満足度が高ければ、空室になるリスクを下げることが出来ますし、

空室がでた場合でも、口コミで選ばれるようになると思います。

 

照明の設備について

設備の一環として、室内の照明を設備にするというオーナー様もいらっしゃると思います。

建物への設備投資として行うのは一向に構いませんが、

室内の照明は入居者様が事前にお気に入りの物を用意している場合があります。

入居者様が必要ないという事でしたら、ご自身で外し、保管するようにすると良いでしょう。

入居者様ご自身で外し、貸室内の収納で保管をお願いするというのは、

入居者様の使用部分が減る行為となりますので避けた方が良いと私は思います。

もし誤って壊してしまった場合に、罪悪感+不満に繋がるかもしれません。

未然に防げることですので、行うと良いと思います。

 

今回は賃貸住宅における残置物の対応についてレポートさせて頂きました。

残置物の取り扱いには注意して下さい。

残置物が絶対にダメとまでは言いませんが、

これから先の事を考えると不要になってくるものではないかと思います。

一方的な理由で借主様の責任にならないようにしていきましょう。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。