今では承認率は高めたり、審査スピードを重視したり、

外国人専門の保証会社等色々なタイプの家賃保証会社がでてきましたが、

その保証会社を使う事で本当に安心してお部屋を貸すことが出来るのか。

連帯保証人を立てることができる入居者の方にも加入を義務付けていいものか。

すべての人に保証会社への加入必須することのデメリットや保証会社は万全ではないということについてレポートしていきます。

保証人と保証会社のイメージです

急速に増えている家賃保証会社

家賃保証会社とは、賃貸借契約時に連帯保証人の代わりに、保証料を得るということを条件に、連帯保証してくれるものです

もし借主が家賃滞納した場合に代位弁済(立替えて支払ってくれる)で貸主に賃料を振り込んでくれ、

家賃の督促から回収まで保証会社がしてくれますのでとても楽です。

入居者様がお部屋で亡くなった場合や夜逃げした場合でも、プランによっては原状回復費用を負担してくれたりもします。

近年では連帯保証人を頼みづらい風潮になってきています。世帯分離がすすみ、親族であっても連絡を殆どしない方、全くしない方が増えてきています。

保証会社も様々で、外国人専門の保証会社で日本人の保証は一切しないものや、

保証料を1万円~と抑えたもの、保証料を高くするかわりに、生活保護やフリーターでも審査してくれて承認率を高めているもの等様々です。

このように多種多様な保証会社がありますので、入居者様のニーズに合いやすく、急速に保証会社が増えてきています。

 

保証会社を利用することは安心なのか

そんな便利な保証会社ですが、利用することで、オーナー様はホントに安心出来るのでしょうか。

保証会社はあくまで保証料を頂くことで成り立っている『会社』ですので、倒産するリスクがあります。

※保証会社が増えることによって、

①お客様も分散する②入居者減少による保証料の減少する等。このことを念頭においておくことが重要になります。

会社なので何があるのかわかりません。

もし倒産してしまった場合、保証してくれるところがどこもなくなってしまいますので、

滞納された場合に賃料を回収するのが非常に困難になります。

最悪は弁護士をオーナー様ご自身でたてて、差押え等の裁判することになります。

裁判費用は入居者に払ってもらえても、弁護士費用はこちらもちになります。この弁護士に依頼する費用がとても高額です。

親族に保証人をお願いしていた場合は、契約時に保証人様に印鑑証明書+実印で捺印して頂くことで、

もし家賃を代替え払いする時に知らばっくれる事が出来なくなり、支払いを拒絶することが出来なくなります。

但し、更新の際は、再度保証人様に連絡をして、保証人の意思表示が有効なのか確認し念書をもらうことを怠ってはなりません。

保証人を立てることによって、入居者様には別途保証料を支払わなくて済むこと、

オーナー様にとっては保証人様に迷惑を掛けたくないという入居者様の気持ちが働き、滞納のリスクをある程度緩和できます。

 

ベストな選択は保証人+保証会社

以上のことをふまえると、ベストな選択は連帯保証人+保証会社ということになりますが、

そんな都合のいい条件ばかりを言ってては決まるものも決まらなくなってしまいます。

入居者様からすれば『連帯保証人をたてているんだから保証料を払いたくない』、

『保証会社に加入する必要はない』と誰しもが思うことでしょう。

保証人様を付けることが出来ない方は、保証会社に加入することを義務付けることは当然として、

保証人様がいる場合は連帯保証人+保証会社という形にし、

保証料に関してはオーナー様負担にしてもらうという流れが今後でてくるのではないかと思っています。

安心して賃貸経営をするのであれば、連帯保証人+保証会社を利用することは非常に有効な手段です。

保証会社への加入はあくまでもこちら側の都合ですので、

保証会社への加入を義務付けるだけでは入居者が納得しないという事態がでてきた場合に備えて、

保証料は負担してもいいという考えをもっておくこも必要なのではないかと思います。

『保証料オーナー負担』『鍵交換費用オーナー負担』等の名目があればお部屋を探しているお客様の目にもとまりやすくなりますので、

空室対策の一つとしても有効なのではないでしょうか。

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

 

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。