リフォームのイメージです。

空室対策の一環として、多額の費用を掛けてリフォームもしくはリノベーションしたのに入居者が決まる気配が一向にない。

リフォーム会社に言われた通りに工事をしたのに決まらないなら、いっそのこと、入居者が決まってから、工事をしようとお考えのオーナー様もいることと思います。

でもそれは空室を長引かせる危険なお考えであることを覚えておいてください。

オーナー様に向けてリフォームしたお部屋を今の入居者がどう考えているかレポートしていきます。

 

リフォームが目新しくなくなった

数年前まではリフォームやリノベーションがとても効果的でした。

今では大手リフォーム会社を中心に、大変多くのデザイン性を持たせた部屋が数多く流通しています。

リフォームすることによって、その分の費用対効果も高く、空室対策の中でも圧倒的にコストパフォーマンスが高い施策でしたが、多く流通したこともあって、今では残念な事に目新しさがなくなってしまいました。

これが原因の一つになります。

 

リフォームして当たり前

上記のように多くのリフォーム物件が出回るようになり、今ではリフォームして、綺麗になっているのは当たり前になりつつあります。

退去後すぐで、クリーニングをしていないという話は別にして、どうせすぐ決まらないのだから、入居者が決まってから原状回復工事を行うという行為は、入居を考えているお客様を初めから逃しているようなものです。

家具一つない部屋で自分の現在持っている家具をどう配置するかを想像するのも難しいのに、壁紙や床が汚ないままの部屋で『入居後クリーニングします』と不動産屋やオーナー様に言われても、どこまで綺麗になるのか想像することは、プロではないお客様にはとても難しいことです。

担当者の言葉を信じて、申込みをして契約したのに、思っていたより綺麗になっていなくてトラブルに繋がり、長く入居してくれない原因になってしまう恐れもあります。

『後ではなく』『現状』をみてもらうことが大前提になります。

今では綺麗な状態でお部屋を案内するのが当たり前になってきています。

 

費用を掛けたからといって決まるわけではない

結論から言いますと30万の費用を掛けた工事でも、60万掛けた工事でも見た目がさほど変わらない為、プラスアルファのリフォームではありません。

バランス釜からユニットのお風呂に変更したり、室内洗濯機置き場に変更してみたりしてみても、それがお客様にとっては当たり前という認識が強いということを覚えておいて下さい。

となるとリフォームする意味がないじゃないかということになりますが、これからのリフォームはニーズを絞り込み、如何に費用を掛けずに見た目にインパクトがあるリフォームすることが重要になってきます。

ただ漠然とリフォームするのではなく、地域の入居者ニーズにあった工事を行う事で、出来るだけ短い期間で次の入居者を見つけられることが可能となります。

オーナー様の所有する物件の最新のニーズを把握することが、空室対策に役立ち、それから先の、より長く住んでもらうお部屋にリフォームする事が最大の資産活用に繋がります。

今回はこれまでとします。

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。