万蔵庵公園です

今回は府中市緑町にある万蔵庵公園をご紹介します。

所在地は最寄り駅の京王線東府中駅から徒歩8分程の距離にあります。

公園の目の前に浅間中学校があり、その北側に府中の森公園があります。

万蔵庵公園の南側にはドン・キホーテがありますので、買い物ついでに立ち寄ってみるのも良いと思います。

 

☆公園内設備の種類が豊富♪

↓具体的な公園内にある遊具の詳細は以下の通りです↓

鉄棒1台・すべり台1台・ブランコ1台・砂場1か所・バネ付き遊具2台

鉄棒について

まずは鉄棒についてですが高さが3段階あります。
1番高い鉄棒でも120cm位です。小学校4年生くらいのお子様でしたら楽に手が届きます。

すべり台について

府中市内の公園の中では比較的珍しい形をしていて、屋根が付いています。
お子さんと遊びながら雨宿りが出来ちゃいます。
上る部分は2か所あり、きつい角度では無いので、小さなお子さんでも上りやすいと思います。
滑る部分は3か所あります。子供同士の喧嘩になりにくいですね。

大きな砂場

ここの砂場は公園自体の広さあって1度に沢山の児童が遊べる面積があります。
砂場の中央部分を通過する形で石で出来た丸い足場が設置してあります。
これを使って砂場に落ちないように工夫して遊ぶのも楽しいかと思います。
砂の量もあるので高い山も余裕で作れちゃいます。

 

☆大人の人も使える公園施設♪

↓具体的な公園内にある施設は以下の通りです↓

公衆トイレ・手洗い水栓2箇所・木製ベンチ2台・緑町3丁目公会堂・小型の腰掛5か所・

ボール当てようの壁・ぶら下がり機具1台・ストレッチ機具1台

公衆トイレについて

トイレですが公園に入ってすぐの場所にありますので、見つけやすいかと思います。
男性・女性用の個室が設けてあり、3か所利用が出来ます。
トイレを出てすぐの所に手洗い用の蛇口が1口付いているので、少し足が汚れた何てゆう時にも便利です。

公園内のベンチについて

次に座れる場所ですが、ベンチがある場所は日向なので夏場は暑くてずっと座っているのはきついかと思います。
小さな腰掛の方だと丁度良い木陰になっていますのでそちらを利用されると良いでしょう。

公園内の大きなコンクリートの壁!

公園入口に近い場所に大きな壁が建っています。
これに3色で色分けされた的が描いてありますので、各種球技の精度練習におススメです!
高さは3m近くあるので、狙ったところにボールが当たらなくても何処かに飛んで行ってしまう心配がありません。
この壁の奥にはもっと高いフェンスが設置してあります。
公園内のフェンスは2面に設置してありますが、全体的に平均するとバットで打ち上げてしまうと遠くへ飛んで行ってしますのでおススメはしません。

 

☆他の特徴はこちら!

夜間でも暗くなりすぎないように背の高めの街頭が3か所設置してあります。
近所の人が公園内を通る時や、日が落ちるのがとても速い冬場でも安心ですね。

先ほど挙げました蛇口についてですが、もう1か所公園内の中央部分に設置してあります。
この水栓蛇口の方は水が上向きに出るタイプなので、あまり手を洗うのには適していません。
衛生的な面から飲み水として利用するのもおススメ出来ません。

もしどうしても飲まれる場合は少量にしておいた方が良いかと思います。

ぶら下がり機具についてですが、そのままぶら下がって体全体を伸ばすのも良いですが、懸垂という筋力トレーニングにも利用できます。

もう1台別のタイプの健康器具があります。

それが仰向けになって背中全体の筋を伸ばすのに使える物になります。
どちらの機具も1台ずつしかないのでご利用される場合は時間に余裕を持って来るのが良いでしょう。

あとは公園外の事になりますが、道路を挟んですぐ南側に飲み物の自動販売機が4台も設置してあり、ほとんどの商品が100円で買えます。
500mlのペットボトルも100円で買えるものがありますので、喉が渇いたらここで買って一息つく事をおススメします。

今回は万蔵庵公園についてレポートさせて頂きました。

ご近隣の方は是非お子様を連れて遊びに行ってください。

晴れた日の午前中は近隣の保育園児の姿も多く見受けられる人気の公園です。

じっくりと遊びたいのであれば午後からの利用の方が空いているといると思います。

東京都府中市緑町3-28-3
この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログ(※別サイト)ではお客様向けのコンテンツを発信しています。