少子高齢化が進み、今までは順風満帆であった賃貸経営も荒波に襲われることがでてくると思います。

新たなマーケットとして外国人を入居させてみてはいかがでしょうか。

政府も外国から労働者の受け入れを強化していこうという動きになってきているようです。

外国人入居者を入居させるにあたっての注意事項についてレポートしていきます。

外国人のイメージです

外国人との生活習慣の違いからのトラブル

外国人を入居させるにあたって注意したいのが、近隣住民とのトラブルです

トラブルの中で特に多いのが騒音やゴミ出しのトラブルです。

世界各国には『決められた日にゴミを出す』という習慣がない国が大半です。

今までそういった習慣がなかったのであれば、

日本では常識の事でも事前に説明しないと守れないのは当然と言えば当然です。

騒音のトラブルについても同様で、一人の外国人にしか貸していないのに、

いつの間にか何人も出入りするようになってしまうというトラブルもあります。

このことも同様に入居前にしっかりと説明をする事で防げることが多いです。

禁止事項の説明の徹底。(入居するのは一人だけ、友人を一時的ににでも宿泊させることの禁止等)

契約書の作成に注意を払う

まず支払い代金についてですが、

日本では慣習的になっている礼金、敷金は諸外国では行われていない場合が殆どです。

不動産屋の殆どが外国書式の契約書を作成していません。

いずれは協会の書式で外国入居者向けの書式がでてくれることを切に願います。

最近ではGTN等の外国人専用の保証会社もできていて、

入居前の説明や契約、入居後のトラブルも対応してくれる会社も出てきています。

事前に説明をすれば納得して、守ってくれるので利用しない手はないでしょう。

当社のエリアでは中国籍の入居希望者が増えてきています。

全く日本語を喋れない方というのは稀で、日本語で説明が出来るので、当社でも対応しています。

家賃支払いのトラブル

外国人の方は入居が決まっても銀行口座が作れないというケースが見受けられます。

日本の銀行の殆どが『最低三か月以上滞在する事を条件』にしています。

すでに日本で何年も暮らしている方は別として、

これから始めて日本で生活する外国人入居者の方は口座が作成できても、

印鑑作成やキャッシュカードの振り込みに制限が掛けられる場合があり、

いざ賃貸借契約を締結しても支払いが出来ないという場合もあるので、

入居審査の段階で要件をきっちり満たしているか確認するこも重要になります。

入居前に設備や備品の確認は必須事項

外国人入居者が退去する時は必ず室内の設備や備品を確認してください

過去には備え付けの家具やエアコン等の備品が全て無くなってしまうケースがありました。

入居時に立ち会って設備や備品の説明の徹底と写真撮影、

引っ越しの際の立会は徹底した方がトラブル防止になる為無難です。

このあたりは、賃貸オーナー様自身でやられるよりは、

管理している不動産会社にしっかりとやってもらえる様に念を押して下さい。

外国人入居者によるメリット

注意事項やデメリットになるようなものばかりを上げましたが、

当然にメリットもあります。

外国人入居希望者は増える

築年数が古くてもあまり気にしない

退去の連絡がきても、友人等を紹介してくれることが多い

④日本にくる外国籍の方は優秀で頭の良い方がほとんどなので、

しっかりと説明をすれば納得してルールを守ってくれる。

この中でも③が空室対策に大きな利点があり、

空室期間が少なく成約できる可能性が高くなります。

というのも新たに外国人入居者対応している物件を一から探すよりは、

友人が住んでいた場所に住む方が手っ取り早いからです。

また、古くても気にしない方が多く、

DIY等を許可すれば喜んで入居してくれる外国人の方もいます。

(その際は別途契約書を作成し、原状回復の名目を明記していくことが重要です。)

空室対策の一つとして、減りゆく日本人の入居者ばかりに目をむけるのではなく、

外国人入居者の受け入れを検討してみてはいかがでしょうか。

府中市には外語大やアメリカンスクールもあるので、外国人のニーズもあります。

不動産会社としても、外国籍の方を対応する機会が増えてきており、

ノウハウも以前より蓄積されてきています。

注意するのは入居前にしっかりと説明することで、

契約書に細かく記述しておけば後々のトラブルを防止することができます。

今回は外国人入居者についてレポートさせて頂きました。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。